「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
強固な〝組織力〟で問題解決をサポート掲載号:2018年1月

写真大

村松 弘康氏村松法律事務所所長弁護士

(むらまつ・ひろやす)1946年陸別町生まれ。早稲田大学法学部卒業。99年北海道大学大学院法学研究科修士課程修了。95年札幌弁護士会副会長。NPO法人北海道活性化センター(タクティクス)代表理事。北海道フロンティアカレッジ代表理事。

 道内最大規模の法律事務所を率いる。40年に渡る伝統と実績を誇り、さまざまな案件を取り扱ってきた。現在は各分野のスペシャリストである所属弁護士17人を擁し、盤石な体勢を築き上げた。

 昨今は、相談者からも高いクオリティーが求められる。

「離婚問題や遺産相続など身内の争いは増加しているが、経済活動の停滞のあおりを受けて企業間紛争は減少傾向。これからは〝組織力〟で勝負する時代。1人では太刀打ちできない難問に対して、みんなで知恵を出しながら解決策を見いだしていく」

 他方で経営者育成を目的とした「北海道フロンティアカレッジ」を主宰して15年目を迎える。北海道の政財界を支える人物らが卒塾生に名を連ね、卒塾生は397人に達している。「若い人と一緒に活動することが元気の源。これからも困っている人の力になることを心がけます」

(五十音順)