「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
地元企業、生産者と一緒に道民に愛される商品を掲載号:2017年1月

写真大

山本隆二氏ポッカサッポロ北海道社長

(やまもと・りゅうじ)1965年福岡県太宰府市出身。大分大学を卒業後、87年にポッカコーポレーション(現ポッカサッポロフード&ビバレッジ)入社。中部支社長、マーケティング本部マーケティング統括部長などを経て14年からポッカサッポロ北海道社長。

「壮瞥りんごソーダ」「余市キャンベルスパークリング」「富良野ラベンダーティー」。これらは同社が16年に発売した商品の一部だ。名称の冠には道内の地名が付く。

「当社はエリア事業会社ですが、飲料メーカーでは珍しく、商品の開発・製造部署があります。地元企業や生産者と一緒に、道産素材を使った商品を積極的に販売し、北海道のPRに貢献していきます」

 道民のソウルドリンクとして愛される「リボンナポリン」は、1911年(明治44年)5月23日に発売された。2016年、一般社団法人「日本記念日協会」に「リボンナポリンの日」として申請、登録された。17年はリボンブランドキャラクターのリボンちゃんが誕生から60年になる。

「17年は、それに合わせてナポリンを全面リニューアルします。さらに道内企業と手を取り合い、ナポリンに関連した商品も発売する予定です」

(五十音順)