「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
変革の〝どっこん魂〟で世界戦略着々掲載号:2017年1月

写真大

小西政秀氏北武グループ代表

(こにし・まさひで)1936年樺太豊原町生まれ。60年北海学園大学経済学部卒業。札幌商工会議所に勤務する傍ら68年に丸秀小西商事を設立。76年同会議所を退職、北武総業に商号変更し代表に就任。

 土木、医療、食品、情報など、全32組織からなる「北武グループ」は着々と世界戦略を進めている。米国本土はもちろん、東南アジアに進出する際も米国企業との提携を視野に入れる。その一環として自身の経営思想を国外の経営者に知ってもらうべく1年かけて書き下ろした著作が17年、米国で英訳出版される。訳者は前東京大学グローバルリーダーシッププログラムディレクターでハーバード大学招聘教員の我喜屋まり子氏。英訳タイトルは『Frontier Spirit'〝Dokkon Spirit〟:A Tale of Masahide Konishis’ Philosophy of life and Business Management』(変革の〝どっこん魂〟:小西政秀の思想と実践経営の軌跡)。

「私は〝黄金の80代〟に入った。今後10年、制度疲労を起こす資本主義社会の新しいあり方を世界で実践していく。地球上の全生物が幸せに暮らせる風景を眺めて終わりたい」

(五十音順)