「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
家族的経営で快走。4期連続増収増益達成掲載号:2018年1月

写真大

林 博己氏エース社長

(はやし・ひろみ)1953年生まれ。84年、車両7両、社員7人でエース設立。現在は車両500両、社員1300人を超え、関東と東北にも進出。環境に配慮した天然ガス自動車(CNG車)を多数所持している。

 道内をメーンに東北、関東と合わせて22の事業所を持つ総合物流企業。17年も快走を続け、売り上げ前年比10%増を記録した。ドライバー不足や価格競争が激化する中での4期連続の増収増益は、見事の一語に尽きる。

 好調の要因は、創業以来続けてきた〝家族的経営〟。「一人ひとりの意見に耳を傾け、毎朝ドライバーと朝礼時にハイタッチをするなど、士気を高めていきました。社員との親密な関係が、仕事の質の向上につながり荷主さまの評価を得られた」と分析する。

 足元の北海道エリアが堅調なため、東北、関東での躍進が直近の課題だが、17年に東北エリアで大型案件を受注。18年は売り上げ前年比15%増を目論む。

 プライベートでは熊本城の復興を願い支援金を寄付するなど、博愛精神に満ちた人物でもある。今後も東北・熊本の支援を進めていく。

(五十音順)