「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
全国初の「地域医療連携推進法人」設立に邁進掲載号:2017年1月

写真大

大城辰美氏カレスサッポロ理事長

(おおしろ・たつみ)1955年沖縄県生まれ。全国各地の医療機関に勤務後、2010年8月、全国第1号で社会医療法人として認可された社会医療法人社団カレスサッポロの理事長に非医師として就任。

「非医師の社会医療法人理事長となって6年。この間は医療の質と経営の質の向上を優先してきた」

 実際、14年度の全国病院グループ別事業収益順位で27位、利益率では4位という好成績を収めている(日本医療企画調べ)。15年から16年にかけては未来を見据えた攻めの展開に打って出た。多職種対応のスキルアップ施設「クリニカルシミュレーションセンター」の開設、介護老人保健施設「けあ・ばんけい」の合併、地域包括ケア拠点施設「カレスプレミアムガーデン」のオープン、そして業界関係者をアッと言わせたのが、北海道医療大学などを運営する学校法人東日本学園との「地域医療連携推進法人」設立合意だ。「早ければ17年4月にも、全国初となる新法人を立ち上げる」と矢継ぎ早に画期的施策を次々と実現する。

 新たな年もこの人の采配から目が離せない。

(五十音順)