「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
和の礼儀作法をテーマにした絵本づくり掲載号:2018年1月

写真大

椿 武愛子氏椿武愛子オフィス社長

(つばき・むつこ)1945年生まれ。東京戸板女子短期大学卒業。テレビレポーター、フリー司会者、ホテル総支配人などを経て93年椿武愛子オフィスを設立。マナースクール主宰のほか、札幌市立大学非常勤講師、15年11月日本礼法会長に就任。

 和のおもてなし文化を取り入れた作法である「日本礼法」の家元・会長を務める。17年4月には新たに一般社団法人「日本礼法」を設立し、理事長に就任した。

 温泉旅館やホテル、料亭のおかみ、仲居、接客係などはもちろん、和の作法に興味のあるさまざまな生徒に対し研修をおこない、日本礼法の指導者である「教授」を育成している。

 18年は新たな挑戦をスタートさせる。和の礼儀作法をテーマにした絵本づくりだ。タッグを組むのは人気絵本作家のそらさん。実は、教え子の一人だという。

「小さな子どものころから日本の礼儀作法に触れることは、とても大切なことだと考えています。この絵本がそのいいきっかけになればうれしいです。そらさんとともに、親子で楽しく読めて、礼儀作法が自然と身につくような絵本づくりを進めていきます」

(五十音順)