「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
技術者の養成に尽力。IT業界の課題に挑む掲載号:2017年1月

写真大

吉野俊文氏フィーリスト社長

(きの・としふみ)1981年生まれ。札幌啓成高等学校卒業後、公務員として就職。その後、飲食店店長などを経て、24歳の時にIT業界へ転身。IT企業に10年間勤務した後、15年フィーリスト設立。

 事業の柱は、自社の技術者を顧客企業に派遣、常駐させてシステム開発などを提供するSES事業。ホームページの製作やWEBシステムの開発・保守、アプリ開発などの受託開発事業も伸びている。

 16年は一挙に10人以上を採用。業界未経験者も多い。

「IT業界の人材不足は深刻です。技術者の取り合いをしても業界の発展はない。当社には高い技術とスピード、柔軟な対応力がある。スキルもマインドも〝イチ〟から教えていきます」

 17年はさらに10人程度採用し、受託開発を拡大させる。 社員は40人を超える見通しとなっており、2月に札幌駅南口エリアに事務所を移転する。

 新規事業の準備も進めている。現在の特定労働派遣事業に加え、新たに一般労働派遣事業にも進出する予定だ。

「IT分野だけでなく、業種にとらわれない多角的な経営をしていきます」

(五十音順)