「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
これまでにないコンセプトの賃貸物件を企画掲載号:2017年1月

写真大

及川 学氏アセットプランニング社長

(おいかわ・まなぶ)1963年札幌市生まれ。ハウスメーカー勤務の後、04年アセットプランニング設立。ホームメイトFC札幌大通店も運営。

 賃貸物件の企画・管理・仲介が主事業。16年は、新たに取得した札幌市中央区大通西7丁目のテナントビルの一角に本社を移転した。

 また、9月末には同北1条西10丁目のテナントビルを取得。立て続けの投資となった。「あくまで本業は管理や仲介ですが、チャンスがあれば所有物件を増やしていく方針です」

 管理戸数は2000戸を数える。入居率向上を図り、ターゲットをより鮮明にしたコンセプトルームの企画にも着手。例えば、家具・家電、ワインセラーなどを備えた単身赴任向け物件や、学生のアイデアを取り入れたリノベーション物件も誕生させた。

 これらが奏功し、通常より高い家賃設定でも入居率は極めて高い。

「立地などを加味し、ターゲットを細分化すれば家賃の上昇も可能。17年はコンセプトルームを増やしていきたい」

(五十音順)