「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
財務コンサル、IT化、最先端の会計事務所に掲載号:2017年1月

写真大

前島治基氏ノースブレーン代表社員

(まえじま・はるき)1971年後志管内蘭越町生まれ。大学卒業後、北洋銀行に就職。07年税理士登録後、前島治基税理士事務所開業。09年行政書士登録。10年税理士法人設立。

「16年は作業代行から脱却し、付加価値提供型のコンサルティングファームに進化できた」と未来のシミュレーションを提供する財務コンサルに舵を切り、次世代会計事務所として始動した。

 社内システムも見直した。道内で先駆けてフィンテックの活用とオートメーション化を実施。右肩上がりで顧客が増える中、業務時間は短縮。生産性が向上し、利益率も大幅に上昇している。

「IT化によって残業がほぼゼロになるなど、業務が劇的に変貌しました。生産性をあげることが重要」

 今後は自社で培ったノウハウをもとに、顧客のIT化も支援していく。「利益体質に導く」と意気込む。

 新たな年は個人事務所の創業から10年の節目。

「税理士は税務署目線になりがちですが、金融機関を意識したファイナンス目線のサービス提供を本格化させます」

(五十音順)