「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
全国有数の探偵事務所を展開。業界の発展にも貢献掲載号:2017年1月

写真大

山田 聡氏アイ・アイ・エス社長 さくら幸子探偵事務所代表

(やまだ・さとし)1968年石狩管内当別町生まれ。88年より調査業に携わり、数多くの依頼者の悩みを解決に導く。04年から「さくら幸子探偵事務所」を屋号に独立。07年にアイ・アイ・エスを設立。

 全国でも有数の実績を誇る探偵事務所「さくら幸子探偵事務所」を全国で展開。

 16年は札幌弁護士協同組合の特約店となり、弁護士と連携した調査も実施した。また、支店のなかった北陸地域に金沢支店を設置。全11拠点とし、全国展開への地盤を強化した。

   そのほかにも、世界進出を視野に入れ、15年から進めてきた韓国の関連企業との連携した調査も順調。アジア圏からの依頼にも対応できる体制も整えている。

 社内には、専門のカウンセラーが在籍し、調査後のアフターフォローも万全。依頼者の総合的なサポートもおこなっている。

 16年は探偵業業界の健全化を目標に設立された「全日本総合調査業協会」の立ち上げにも尽力。業界全体の発展にも力を入れている。

「探偵業界の発展のため、同業他社のサポートもできる限りおこなっていきたい」

(五十音順)