「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
北海道のグローバル化に日本語学校は不可欠掲載号:2017年1月

写真大

佐藤良雄氏キャリアバンク社長

(さとう・よしお)1953年札幌市生まれ。87年キャリアバンク設立。札幌証券取引所上場。グループに給与計算のエコミック(札証アンビシャス上場)、SATO行政書士法人、日本一の規模のSATO社労士法人などがある。

 34歳の時に立ち上げたキャリアバンクが30周年を迎えた。そんな節目の16年は、グローバル戦略を着実に進める1年となった。

 世界的なリゾート地へと変貌しつつあるニセコエリアは労働力不足が深刻化している。国際化著しい後志管内倶知安町に11月、道内5カ所目となる営業拠点を開設。ニセコ地域はもちろん、周辺のリゾートホテルなどに人材を供給する。11月には、語学学校経営のリンガフランカ(仙台市)が札幌市中央区で運営していた日本語学校を買収した。

「北海道のグローバル化には、外国人にとって日本の入口となる日本語学校は不可欠です」

 同校では中国人やベトナム人など300人が日本語を学ぶことができる。

 一方、北海道コンサドーレ札幌がJ2優勝。「念願のJ1昇格を果たしました。サポーターズ持株会の理事長として喜びもひとしおです」

(五十音順)