「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
北海道が潤う不動産取引を強化していく掲載号:2017年1月

写真大

中森勝之氏ボックスグループ代表 北武建設社長

(なかもり・かつゆき)1959年恵庭市生まれ。高校時代に全道高校柔道選手権大会団体戦で優勝。警視庁勤務の後、84年にボックスを創業。ボックスグループ代表、北武建設社長。

 北海道を訪れるインバウンドが急増する中、ゴルフ場や温泉リゾートホテルなどの売買に力を入れる。16年9月にはリゾート開発のサポート拠点として東京連絡事務所を開設。不動産仲介、売買を通じて道内観光地のさらなる付加価値アップを推進している。

「リゾート開発に意欲的な企業の資金が他県の観光地ではなく、北海道に向かうような営業活動を今後も強化していきます」

 一方、北武建設では13年に最先端のくい打ち技術「ハイスピード工法」を道内初導入した。外と内からのダブル断熱に熱交換型換気、ヒートポンプを組み合わせた低燃費住宅は、省エネ性に優れた住宅に適用されるフラット35Sの基準を大幅にクリア。冬は家の中が〝ポット〟のように暖まる構造で、光熱費の低減も期待できる。17年も、よりいいものを、よりリーズナブルな価格で提供し続けていく。

(五十音順)