「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
世界を肌で感じてきた得がたい国際派経済人掲載号:2018年1月

写真大

滝沢 靖六氏札幌オーバーシーズコンサルタント社長 北海道貿易物産振興会会長

 (たきざわ・せいろく)1935年生まれ。明治大学経営学部卒業。札幌貿易協会会長、北海道貿易物産振興会会長、在札幌カンボジア王国名誉領事、札幌商工会議所特別顧問。07年黄綬褒章受章。

 17年11月、シンガポールでの「北海道プレミアム食材商談会」は大成功だった。

 滝沢氏が会長を務める北海道貿易物産振興会では「北海道どさんこプラザシンガポール店」を運営しているが、18年にはタイ・バンコクに高島屋と提携して海外2店目を出す予定だ。

 貿易会社のトップとして、東南アジア、中国、欧州、北欧各国と、世界中をかけめぐって50年余り。

 在札幌カンボジア王国の名誉領事を務め、またノルウェー王国功労勲章も受章しているように、海外の要人と通訳なしで接し、世界を肌で感じてきた得がたい国際派経済人である。

 82歳にしてかくしゃく。

「北海道はいままでのような姿勢では弱すぎる。外交・軍事は別だが、スペインのカタルーニャのように、独立するぐらいの気構えを持ったほうがいい」と〝喝〟を呈する。 

 

(五十音順)