「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
一気に転舵。出店攻勢は首都圏から中国へ掲載号:2018年1月

写真大

似鳥 昭雄氏ニトリホールディングス会長兼CEO

(にとり・あきお)1944年樺太生まれ。北海学園大学卒業。67年似鳥家具店創業。05年藍綬褒章。07年在札幌フランス共和国名誉領事就任。10年から札幌商工会議所副会頭。15年フランスのレジオン・ドヌール勲章受章。17年9月日本経団連の関連組織である経済広報センターから企業広報経営者賞を受賞。

 新たな年は、札幌市北区で似鳥家具店を創業して50年。「拓銀破綻で倒産寸前。振り返れば8割が運ですよ」と一笑。半世紀の節目もこの人にとっては壮大なロマン実現への通過点に過ぎない。

 総店舗数は518。百貨店など東京都心へのドミナント出店もズバリ的中。18年2月期予想は、売上高5680億円で経常利益は遂に1000億円の大台に。31期連続増収増益と驚異の成長が続く。

「都心出店は一旦終了。18年は中国へ20店舗、以降も毎年30店を出店する」と次なる照準は中国へと一気に舵を切る。

「4月に中古住宅流通の国内最大手、カチタスへ233億円を資本投入した。通販市場も店舗との融合で5年をメドに売上げの10%で1000億円に拡大する」と成長戦略を次々と打ち出す。小樽芸術村開業など故郷への計り知れない功績に17年11月、北海道功労賞が贈られている。

(五十音順)