「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
リボンナポリンが好調 北海道の魅力を発信掲載号:2018年1月

写真大

山本 隆二氏ポッカサッポロ北海道社長

(やまもと・りゅうじ)1965年福岡県太宰府市出身。大分大学を卒業後、87年にポッカコーポレーション(現ポッカサッポロフード&ビバレッジ)入社。中部支社長、マーケティング本部マーケティング統括部長などを経て14年からポッカサッポロ北海道社長。

「17年はナポリンづくしの1年。怒濤の如く過ぎ去りました。地元企業や生産者と一緒に商品を開発し、北海道の魅力を発信していきます」

 道内限定の炭酸飲料「リボンナポリン」を17年3月27日に全面リニューアル。植物由来のパプリカ色素を使用し、より安心して飲めるようになった。

 売り上げは16年と比較して約1・6倍の伸びを示した。17年夏には道内に拠点を持つ企業と連携し、ナポリンを使用したお菓子、酒などのコラボ商品も販売した。

「壮瞥りんごソーダ」「北海道いちごソーダ」など、北海道の素材を使った期間限定商品も好評。こちらも売れ行き好調だ。

「17年に伸びた売り上げを維持できるように、18年は地に足をつけて頑張っていく。あわせてナポリンに次ぐ看板商品である、レモン商品の拡販にも力を入れていきたい」

(五十音順)