「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
「人材が財産」を経営理念に成長を続ける掲載号:2017年1月

写真大

武田幹郎氏武ダホールディングス社長兼CEO 武ダ技建創社長

(たけだ・みきお)1975年札幌市生まれ。北海学園大学卒業後、武ダ技建創入社。11年社長就任。15年武ダホールディングス設立。

 15年に武ダホールディングスを設立。総合建設業の「武ダ技建創」を中核に、不動産業の「TAKEDAXT」などグループ企業を5社に増やした。16年は社員数が120人。売り上げは40億円といずれも過去最高に達した。

 創業36年目の「武ダ技建創」は「人材が財産」を経営理念に、毎年10人前後の新卒社員を採用。既に取得している「ISO9001」、「ISO14001」に加え、9月には労働安全衛生マネジメントシステム「OHSAS18001」を認証取得して労働環境の整備にも取り組んだ。

 女性の雇用にも積極的で全社員の3分の1が女性。16年10月には札幌商工会議所が女性の活躍を推進する企業や女性従業員に贈る「なでしこ表彰」を受賞した。

「顧客のみなさまと社員に感謝の1年でした。17年は初心を忘れずに夢を持って、事業拡大を目指したい」

(五十音順)