「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
ニセコ地区でも存在感 11期連続の増益を達成掲載号:2018年1月

写真大

中上 裕幸氏モード・アライブ社長

(なかうえ・ひろゆき)1973年札幌市生まれ。大手不動産賃貸会社、管理会社などに勤務した後、07年モード・アライブ設立。15年から賃貸仲介店「お部屋探しカフェ 部屋モード」を展開。

 会社設立以来、11期連続の増益を達成。次なる20年に向けて好スタートを切った。

 収益不動産物件の企画・管理、売買仲介が主事業。15年からは賃貸仲介店「お部屋探しカフェ 部屋モード」も展開しており、17年は「札幌駅前店」をオープンさせた。

 不動産開発が活況を呈している後志管内ニセコ地区には、倶知安支店を開設。17年は同エリアで自社所有を含む3棟の新築賃貸マンションを完成させており、18年も数棟計画している。現地に拠点があることで、他社から入居者募集を依頼されるケースも増加。同エリアの管理戸数も着々と増えている。

「今後、日本銀行の方針でアパートローンの融資付けは厳しくなると予想されています。不動産業界の停滞も危惧されていますが、市場がどうであれ、当社の本業はあくまで管理業務。影響はほぼありません」と断言する。

(五十音順)