「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
不動産賃貸が堅調。携帯事業も業務提携で拡大掲載号:2017年1月

写真大

山下 潔氏ハスコム会長 ハスコムモバイル会長兼社長

(やました・きよし)1930年留萌管内羽幌町生まれ。67年旭川市でハスコムの前身である栄光燃料を創業。83年不動産賃貸業に進出。92年ドコモ代理店取得。10年携帯電話販売部門をハスコムモバイルとして分社化。

 16年は、主軸の不動産賃貸で、釧路、千歳、旭川、札幌と新築管理物件を次々と建設。全道各地に所有する管理物件の総数は約2500戸となり、入居率は平均90%近くと好調だ。

 また、留萌管内遠別町では「遠別モデル」という定住促進を掲げる賃貸住宅建設支援事業に参加。行政、民間、金融機関の3者が連携しての賃貸住宅の建設は道内初。話題となった。

 一方、携帯電話事業では16年10月に家電量販のノジマ(横浜市)と資本業務提携。今後詳細を詰めながら、両社が持つ通信部門のノウハウなどの共有で、店舗網の充実による相乗効果を狙う。

 プライベートでは、これまでに50カ国以上を訪れたという大の旅行好き。16年も1月に米国・ハワイ、6月にマレーシア、10月にインドを訪れた。17年も放浪の旅への準備に余念がない。

(五十音順)