「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 三愛地所

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

三愛地所
取材日:2016年2月

写真大 コレモが完備されている「グリーンタウン新琴似」のモデルハウス(写真はパース)

写真 LDKは19.3畳と広々。2階にはインナーバルコニーも完備 写真 タイル外壁「JUST WALL」を標準仕様にしている「グリーンタウン百合が原」

新技術を各所に取り入れた「2016年新モデルハウス」を公開中

 1962年の創設以来、地域に根ざした総合デベロッパーとして、戸建、マンション、 リフォーム、不動産と、住まいのトータルサポートを提案している三愛地所(大畑裕義社長)。
 同社では現在、札幌市と石狩市の各所で新モデルハウスを公開している。
「グリーンタウン百合が原」(札幌市北区百合が原9)は、百合が原公園にほど近く、四季の花々を感じながら過ごせる閑静な住宅地に立地。建物はタイル外壁「JUST WALL」を標準仕様。敷地面積が195・70平方メートルと広く、駐車スペースも2台分確保。ガーデニングや家庭菜園が十分に楽しめるスペースもある。
 また、「イデアルタウン屯田西公園」(同北区屯田5―8)は、屯田西公園から200メートルの近距離。小学校、スーパー、クリニックなどの生活利便施設が徒歩圏内にあるのが大きな特長だ。1階には広々とした対面式キッチン&リビングダイニングのほか、2階には大型クローゼットを完備した。
「クールタウンほしが丘」(同手稲区手稲山口)は全棟南向きで、LDKが22・5畳もあるゆったり感が特長。収納が充実しており、シューズクロークや、2階のフリーホールには書斎カウンターなども備えられている。
「グリーンタウン新琴似」(同北区新琴似4―15)は、ガスを使って電気と熱を同時につくり出す家庭用ガスコージェネレーションシステム「コレモ」を完備。2階にはインナーバルコニーも備えられている。
 どのハウスも2階建て4LDKタイプが基本。設計の自由度が高い木造外来工法と、地震や台風に強いツーバイフォー工法とを融合した「木造新在来工法」で建てられている。
 そのほか、札幌市内では麻生や真駒内本町のほか、石狩市樽川などにもモデルハウスがある。詳細は0120・303・601まで。フェイスブックでも情報を発信している。

基本データ

企業名:
三愛地所
住所:
札幌市東区北32条東7丁目
TEL:
011・721・6226
URL:
http://www.san-aijisyo.co.jp
住まい:一戸建て