「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > MMSマンションマネージメントサービス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

MMSマンションマネージメントサービス
取材日:2018年1月

写真大 同社が管理する札幌市時計台

写真 時計台館内2階に設置されたクラーク像 写真 堂守貴志社長 写真 本社があり管理もしている「札幌エスワンビル」 写真 入居者用広報誌「smile21」

マンション、公共施設管理に幅広く対応して業務拡大

 MMSマンションマネージメントサービスは、分譲マンションを中心に、賃貸マンション、ビル、公共施設などの管理をはじめ、公営住宅などの指定管理で業績を伸ばしている。
 分譲マンションは、札幌市内を中心に990棟、約5万5000戸に及び、道内最大シェアを誇る。〝自前主義〟をモットーに、顧客満足度を重視するサービスを提供している。
 同社はここ数年、札幌市や道などの公営住宅のほか、文化財の指定管理業務受託でも実績を伸ばしている。札幌市営住宅では来期新たに入退居時の修繕業務などが追加となり、業務を大幅に拡大。道営住宅に関しても、現在の7市町村から、さらに他地域への拡大を目指している。
 指定管理では、札幌のシンボルともなっている国指定文化財・札幌市時計台の業務受託が4年を経過。恒例となった年越しイベントの開催など、同社の運営・管理により来館者は右肩上がりで増加している。
 昨年秋には、時計台の建設を発案したクラーク博士の座像を製作して札幌市に寄贈。来館者が一緒に記念撮影できる新たな場を創出した。
 また、今年4月からは道指定有形文化財の旧永山武四郎邸と付設の旧三菱鉱業寮(札幌市東区)の指定管理受託が2社共同事業体で決まっている。
 堂守貴志社長は「新築マンション建設が先細り傾向にあることから、今後は公共の指定管理やマンションの大規模修繕を含め、地域の不動産に幅広く対応していくことが必要」との方針。建物の診断・修繕に関しては、旭川でも管理組合向けに初のセミナーを開催。これらによって今後のコンサル、工事受注に結び付けたいとしている。
 マンションの安全管理についても、堂守社長が支部長を務めるマンション管理業協会北海道支部加盟16社が、北海道警察から特殊詐欺被害防止アドバイザーとして委嘱(17年8月)を受け、管理組合への情報提供などを通じて〝オレオレ詐欺〟などの被害防止に抑止力の役割を果たすことになった。

基本データ

企業名:
MMSマンションマネージメントサービス
住所:
札幌市中央区南1条西4丁目 札幌エスワンビル9階
TEL:
011・232・2588
URL:
http://www.mms-jp.net/
マンション管理会社