「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > MMSマンションマネージメントサービス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

MMSマンションマネージメントサービス
取材日:2017年1月

写真大 本社があり管理もしている「札幌エスワンビル

写真 堂守貴志社長 写真 写真 札幌市時計台内でおこなわれた年越しコンサート 写真 入居者用広報誌「smile21」

創業30周年迎え、原点踏まえて地域に根ざした管理を展開

 MMSマンションマネージメントサービスは、2016年12月に創業30周年の節目を迎えた。
「当社は北海道のマンション管理会社として創業し、北海道の自然・生活環境、経済環境に即した質の高い〝自前主義〟の管理サービスを提供してまいりました。これからも創業の原点を忘れず、地元と向き合いながら業務を進めていきたい」と堂守貴志社長は語る。
 この1年も安定した経営のもと、道内最多シェアとなる約5万4000戸のマンションをはじめ、公営住宅、公共施設の指定管理、UR都市機構住宅、病院・福祉施設、商業・オフィスビルと、幅広い管理業務を展開している。
 管理施設の1つである国指定文化財の札幌市時計台では、前年に続いて16年大晦日にも同社が企画・運営する年越しコンサートを無料で開催。縄文太鼓、ピアノ、三味線、ムックリの4つの楽器が融合した音楽に合わせてカウントダウン。海外からの多くの観光客も交えて新年を迎えた。
「札幌のシンボルが多くの人に親しまれ、より存在価値を高める役割の一助を担う意義は大きい。適正管理が入館者増に貢献している面もあり、さらに業務を充実させたい」(堂守社長)
 新たな展開では、関連企業の「NIPPOファシリティーズ」(本社・東京都港区)との合弁事業として、16年末に完成したJR広島駅南口再開発ビルの商業施設、住宅の管理を受注。西日本での事業基盤の1つとしてスタートさせた。
 一方、業界ではマンションの新規供給は停滞傾向にあり、道内ではかつては年1万戸ベースだったのが16年はわずか1400戸止まり。さらに建物の老朽化、居住者の高齢化に伴う新たな問題が発生している。
「建築費高騰による修繕計画の見直しや自主管理からの移行、中古マンションへの住み替え需要増などに伴い、管理会社として新たな対応を迫られている。当社としては人材育成に力を入れ、さらには業務の効率化、管理コストの節減を図るなどして対処し、地域に根ざした管理サービスの提供を続けていく」(堂守社長)としている。

基本データ

企業名:
MMSマンションマネージメントサービス
住所:
札幌市中央区南1条西4丁目 札幌エスワンビル9階
TEL:
011・232・2588
URL:
http://www.mms-jp.net/
マンション管理会社