「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > KRS(ケーアールエス)

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

KRS(ケーアールエス)
取材日:2016年7月

写真大 三澤 巧社長 みさわ・たくみ/1973年旭川市生まれ。札幌工科専門学校卒業後、建設会社に就職。インフラ整備などの現場監督などを経験し、父親が個人経営する土木会社に勤務。30歳で個人事業をスタートし、35歳でKRS設立。

畜産施設建設に実績。成長市場で存在感を放つ

 建設会社で現場監督を経験し、父が個人経営する土木会社では作業員として汗を流した。その後、30歳で創業。35歳で会社を設立し、来年は設立10年を迎える。
 公共工事の受注と畜産施設建設が主事業。技術と施工力の高さを武器に、業容を拡大している。
 畜産施設の建設では、基礎などの部分工事からスタートし、ノウハウを蓄積。畜産機器メーカーの協力を得ながら、今ではワンストップで施設を建設できるまでに成長している。
「畜産施設は、豚や牛などの生活環境の整備が重要。糞尿処理や温度管理など、特殊なノウハウが必要です。また、北海道の冷涼な環境は畜産業に最適。今後、成長する市場です」
 昨年は、農林水産省が推進する畜産クラスター実証支援事業に則った最新施設を施工。現在も複数のプロジェクトを進めている。
 CSR活動にも積極的で「モエレ山爆走そり大会」の会場整備や近隣小学校の雪山づくりなどにも取り組んでいる。
「多くの方の協力があって当社が成り立っています。恩返しのためにも、地域社会に貢献していきたい」

基本データ

企業名:
KRS(ケーアールエス)
住所:
札幌市東区北38条東21丁目
TEL:
011・786・3606
URL:
http://krs-sapporo.com/
企業特集:注目の次世代リーダー