「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > AURA ARCHITECTS

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

AURA ARCHITECTS
取材日:2017年2月

写真大 同社が事業継承・相続対策で携わった設計での収益不動産の事例

写真 建築家の山本謙一所長 写真 東京・銀座5丁目にある東京オフィス 写真 応談の場となる札幌オフィス2階の「しあわせラウンジ」

遊休不動産の利活用に関するコンサルティング業務を展開

 AURA ARCHITECTS(アウラ・アーキテクツ、山本謙一所長)は、デザインを通じて共生的で素敵な環境づくりに貢献している1級建築士事務所。
 かねてから計画していた東京オフィスが3月1日に開設。今後は30年の実績を生かし、本州でも事業継承や個人相続に伴う不動産の有効活用のコンサルティング業務を展開していく。
「事業継承や相続と言えば、普通は税理士や公認会計士が扱う分野ですが、不動産の有効活用の実践となると、税理士では全国の5%ほどしか対応していないのが現状です。従って、企業にしても個人にしても、自らの経験から言うと、横断的で相乗効果の高い実務に精通した専門家に頼む方が結局お得です」と山本所長。
 これを扱うには建築デザインを含む不動産関係の知識はもとより、税関係、投資、地域環境など幅広く専門知識が要求される。山本所長は公認不動産コンサルティングマスターの資格を有しており、この事業対応の適格者。マスター資格の取得には山本所長のように一級建築士であるほか、不動産鑑定士など資格を持ち、5年以上のコンサル実績があることが受験条件。いずれも難関とされている国家認定資格だ。
「当社では永年のデザインを含む建築と不動産の包括的な実務知識や事業経験があります。遊休不動産の利活用に関してはワンストップで横断的なコンサルティングをおこない、オーナーの潜在的価値観を創出し、素敵な将来につながる大局の指南役を務めています」(山本所長)
 事業継承、相続のより高度な不動産の有効利用の需要は、東京をはじめ大都市圏では年々増加。不動産だからこそ相談で救える事例は多い。
「当社では、利活用とともに税対策、保険関係、財務運用などにも取り込み、会計士、税理士らとのアライアンスで、専門書より横断的で高度なコンサルの提案ができます」(山本所長)としている。

基本データ

企業名:
AURA ARCHITECTS
住所:
札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3-6
TEL:
011・891・8404
URL:
http://www.yamaken-aura.co.jp/aura/
住まい:一戸建て