「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 野口観光グループ リーズナブル路線の新ブランド誕生 きたゆざわ森のソラニワ4月28日オープン

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

野口観光グループ リーズナブル路線の新ブランド誕生 きたゆざわ森のソラニワ4月28日オープン
取材日:2017年4月

写真大 森に囲まれているような存在感のあるホテルサインの前に立つ野口秀夫社長

写真 写真 おとぎ話に出てくるような馬車をモチーフにした金色のオブジェがロビーで出迎えてくれる 写真 豊富な自然をしたがえる「森のソラニワ」 写真 スポーツガーデンダイニング「ア・ラ・ソーヤ」は 席数400と道内最大規模を誇るレストランだ 写真 スポーツ栄養学を元に構成されたメニューが多彩。 近隣の野口ファームで穫れた新鮮な野菜も並ぶ 写真 ツリーハウスやハンモックなどが設けられまさにグルメ遊園地 写真 料理を載せてSLが走る 写真 家族が喜ぶ演出が盛りだくさん 写真 名物のビーチ大露天風呂には新しくウッドデッキが設けられた

道内観光ホテル業界最大手の野口観光グループが、北湯沢温泉で運営する「第二名水亭」をリニューアル&リブランド。リーズナブル路線の新ブランド、エンターテインメントリゾートホテル「きたゆざわ 森のソラニワ」として生まれ変わり4月28日にオープンした。

【新ホテルは森の中のスポーツ体験施設】

 道内外に17の施設を運営する野口観光(本社・登別市、野口秀夫社長)が4月28日に新しいホテルをオープンした。「きたゆざわ 森のソラニワ」(伊達市大滝区)だ。

 これまで長く親しまれてきた「第二名水亭」を大幅にリニューアル&リブランドしたもので、キャッチフレーズは〝森の中のスポーツ体験施設〟。ファミリーや若年層グループなどをメーンターゲットとした全く新しいエンターテインメントリゾートホテルとなった。

 ホテル名の〝ソラニワ〟とは、大自然に囲まれ星が大きく見える北湯沢の「空」と、豊かな緑が象徴する楽しい「庭」に由来している。

 同社では多様化するニーズに対応するため、展開するホテルを、高品質・高満足の「望楼NOGUCHI」シリーズ、乃の風や海峡の風などアッパーミドル(準高級)の〝風〟シリーズ、石水亭や湖畔亭などリーズナブルな〝亭〟シリーズの3グレードに分類している。「森のソラニワ」は、宿泊料金が1人1泊6980円(6人部屋)〜という低価格設定。リーズナブル路線の新たなブランドとして誕生したものだ。

 野口秀夫社長は「2015年に改装した準高級路線の『緑の風リゾートきたゆざわ』、低価格が売りの『ホロホロ山荘』に加え、北湯沢温泉郷にある3ホテルのコンセプトを明確にして差別化した。これで今まで以上にお客さまに満足していただける」とリニューアルの意図を説明する。

【子どもの冒険心を刺激するホテル】

 同ホテルのリニューアルは第2期までを予定しており、今回完成したのは第1期。大きく変わったのは主にロビー、レストラン、ビーチのある大露天風呂、「北湯沢 緑の森の教会」と連動する披露宴会場だ。

 なかでもスポーツガーデンダイニング「ア・ラ・ソーヤ」は、400席という道内最大クラスのレストランに変貌を遂げた。子どもが楽しめる「トム・ソーヤ」の世界観を表現。ツリーハウスやハンモックなどの遊具を設置したほか、料理を運ぶSL列車が走るなど、子ども心をくすぐる仕掛けが目白押しだ。

 メニューは、地産地消がテーマ。スポーツ栄養学に基づき五大栄養素を積極的に取り入れた構成で、近隣の野口ファームでとれた農作物や、噴火湾の新鮮魚介などをふんだんに盛り込んでいる。コメや雑穀など10種類の主食を用意しているのも珍しく〝明るく楽しくワイワイガヤガヤ〟と食事を満喫するというのがコンセプトだ。

 また、ホテル裏の森には、ワイヤを伝って空中を滑空するジップラインやフィールドアスレチックを楽しめる「野外アドベンチャーパーク北湯沢ムササビ」を新設。パーク内の端から端までのロングジップラインは、子どものみならず大人にも魅力のアトラクション。大自然の中で思いっきり休日を楽しむことができる。

 さらに、5月末には11階に最上階展望ラウンジ「空中庭園 流星DOME」がオープン予定。北湯沢温泉郷ならではの豊かな緑、夜には降り注ぐような満天の星を堪能できるだろう。

 第2期のリニューアルは、今秋に着手。現在230ある客室を200室に減らして各部屋を拡大、充実させる計画で、来年4月にリニューアルを完了、グランドオープンを迎える。

その他