「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 苫小牧東部脳神経外科

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

苫小牧東部脳神経外科
取材日:2015年7月

写真大 北川道生院長 きたがわ・みちお/1985年北海道大学医学部卒業。同大脳神経外科、苫小牧市立総合病院、釧路労災病院、日鋼記念病院、岩見沢市立総合病院勤務を経て、2005年6月開院。日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医。

写真 救急告示医療機関にも認定されている

苫小牧東部地区、日高・浦河方面を支えるベテラン脳神経外科医

 脳神経外科の救急は、時間との勝負。特に地方では、近隣に脳神経外科があれば助かったというケースは少なくない。
 苫小牧東部地区、日高・浦河方面の救急を支えているのは、「苫小牧東部脳神経外科」の北川道生院長。24時間救急受け入れ態勢をとり、年間約180件の救急患者を受け入れている。
 診断から治療までの時間を短縮すべく、MRI・CT・脳血管造影・X線・エコー・オンライン画像システムなど最先端の画像機器を完備している。
 手術が必要なケースも脳神経外科医として30年以上のキャリアを持つ北川院長なら安心。脳動脈瘤クリッピング、慢性硬膜下血腫など、年間70~80件以上の手術をおこなっている。
 手術は隣接する家族控室からガラス越しにリアルタイムで見ることができ、手術用顕微鏡画像までもがモニターに映し出される。「安心と納得の医療」を目指す姿勢、安全で的確な手術をしている自負の表れだ。

基本データ

企業名:
苫小牧東部脳神経外科
住所:
苫小牧市北栄町2丁目27‐27
TEL:
0144・53・5000
URL:
http://tomakomai-e-neurosurgery.jp/