「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 花・水・木 駒場

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

花・水・木 駒場
取材日:2016年4月

写真大 複合型の介護施設となっている「花・水・木 駒場」

写真 広くて明るいダイニングルーム 写真 サービス付き高齢者向け住宅のワンルームタイプの居室 写真 グループホームの休憩室

オホーツク海を望む丘陵に、高齢者の複合施設がオープン

 網走市駒場地区の閑静な住宅街に3月30日にオープンした「花・水・木 (ハナミズキ)駒場」。
 同施設は、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、小規模多機能型居宅介護施設が1つになった複合施設で、同市内二ツ岩地区に2012年6月に開設されたサービス付き高齢者向け住宅「花・水・木」に続く2つめの高齢者施設となっている。
 建物は木造2階建てで、サービス付き高齢者向け住宅(25戸)に小規模多機能型居宅介護施設を併設。グループホーム(18戸)とは玄関が別になっており、それぞれにダイニングルーム(食堂)、浴室、洗濯室が完備されている。
 白を基調とした館内は、窓からたっぷりの採光が降り注ぎ、どの場所も明るいのが特長だ。24時間スタッフが常駐し、エレベーター、セキュリティシステムも完備。安心で安全に暮らせる環境が整っている。
 居室内はバリアフリー仕様となっており、車椅子での生活にも対応。洗面台、トイレも介助がしやすいように広い空間が確保されている。
 食事も四季折々の素材をたっぷり使った、できたての温かい料理を提供。季節に合わせた行事も今後、随時実施していく予定だ。
 周辺にはスーパーやコンビニ、100円ショップ、病院など生活に必要な施設が近くにあり、入居者の家族からも通いやすいと好評。雄大なオホーツクの海も近くにあり、海岸での散歩などをレクリエーションとして積極的におこなっていく予定。
 建物南側には広い中庭もあり、随時草花を植えて、入居者に楽しんでもらうこととしている。
 同施設は道内カラオケチェーン最大手の「タカハシ」(本社・網走市、髙橋洋一社長)が事業主体。施設名の「ハナミズキ」は、〝私の想いを受けてください〟という花言葉で「入居者さまが楽しく安心して、笑顔があふれる生活を送っていただけるよう努めていきたい」と、同社の小澤友基隆専務は語る。
 見学は随時受け付け中。専門のスタッフが親身に案内してくれるので問い合わせを。

基本データ

企業名:
花・水・木 駒場/【運営会社】タカハシ
住所:
網走市駒場北1丁目3‐21/【運営会社】網走市南6条西2丁目2番地
TEL:
0152・43・0018/【運営会社】0152・43・0018
URL:
【運営会社】http://www.takahasi.co.jp
シニアライフ