「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 第7回ニトリレディス プロアマ・前夜祭 今年も集結! 日本経済の中枢 188人

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

第7回ニトリレディス プロアマ・前夜祭 今年も集結! 日本経済の中枢 188人
取材日:2016年8月

写真大 今年の前夜祭はニトリホールディングスが日本近代絵画美術館として来年オープン予定の旧三井銀行小樽支店でおこなわれた

写真 ニトリ所属の選手を紹介。左から高木萌衣プロ、篠原まりあプロ、永峰咲希プロ 写真 来賓挨拶は御手洗冨士夫キヤノン会長兼CEO 写真 乾杯の音頭をとった喜多恒雄日本経済新聞社会長 写真 本戦の優勝は笠りつ子プロ。イ・ボミプロとのプレーオフを制し優勝賞金1800万円を獲得した 写真 なんとプロ野球オーナー5人が一堂に。左から白石興二郎読売新聞グループ本社会長、後藤高志西武ホールディングス社長、宮内義彦オリックスシニア・チェアマン、末澤壽一日本ハム社長。このほか三木谷浩史楽天会長兼社長もプロアマに参加 写真 プロアマ表彰式で挨拶する樋口大和ハウス工業会長兼CEO 写真 プロアマ優勝は藤田さいきプロチーム。左から似鳥会長、大髙善興ヨークベニマル会長、末澤日本ハム社長、山本浩二氏 写真 前列左から矢野龍住友林業会長、樋口武男大和ハウス工業会長兼CEO、似鳥会長。2列目左から村田正敏北海道新聞社会長、大谷喜一アインホールディングス社長、長内順一未来経営研究所社長 写真 左から香妻琴乃プロ、鈴木亜久里氏、三木谷楽天会長兼社長、成田美寿々プロ

【ゴルフトーナメント開催で北海道に貢献】

ニトリホールディングス(本社・札幌市)が主催するLPGAツアー「第7回ニトリレディスゴルフトーナメント」が、今年も北海道を舞台に開催された。開催コースは昨年に続き小樽カントリー倶楽部。道内ゴルフ場の発祥の地であり、男子プロツアーの日本オープンも2回開催された国内屈指の名門コースだ。
7回目を迎えた今回からは8月25日〜28日までの4日間の開催となり、世界基準を意識した日程に拡大した。賞金総額も2000万円増の1億円となり、まさにツアーを代表するビッグトーナメントに成長した。
同社では〝ニトリ創業の地〟である北海道の活性化と恩返しを目的に2005年に「北海道応援基金」を設立するなど、さまざまな活動に対して助成をおこなっている。10年にスタートした「ニトリレディス」もそうした思いが根底に流れており、雄大な北海道を舞台にしたゴルフトーナメントを全国に向けて発信。昨年の女子ツアーのテレビ視聴率では日本女子オープンなどに続き3番目の高視聴率を獲得するなど、人気の女子プロトーナメントに定着している。
そして、圧巻なのが本戦に先立って開催されるプロアマ大会だ。
毎年、日本経済の中枢を担う財界人に加え著名な文化・芸能人が全国から集結。今年は昨年よりもさらに増え、188人が小樽に集った。
プロアマの前日、8月23日におこなわれた前夜祭会場となったのは旧三井銀行小樽支店。同施設は7月にオープンしたばかりの「ニトリ小樽芸術村」内に来年6月、日本近代絵画美術館としてオープンが予定されている。小樽の栄華を映す歴史的建造物でおこなわれた前夜祭は、華やかな道内外経済人の交流の場となった。

【そうそうたる経営者が小樽に集結】

参加した顔ぶれのごく一部を紹介すると、日本経団連の元会長の御手洗冨士夫キヤノン会長兼CEO、樋口武男大和ハウス工業会長兼CEO、渡文明JXホールディングス名誉顧問、矢野龍住友林業会長、佐藤康博みずほフィナンシャルグループ社長グループCEO、岡田直敏日本経済新聞社社長、鈴木茂晴大和証券グループ本社会長、澤田秀雄エイチ・アイ・エス会長ら道外から149人。道内からも横内龍三北洋銀行会長、堰八義博北海道銀行会長ら39人が参加した。
ちなみに白石興二郎読売新聞グループ本社会長、三木谷浩史楽天会長兼社長、後藤高志西武ホールディングス社長、末澤壽一日本ハム社長らプロ野球オーナーもズラリ。宮内義彦オリックスシニア・チェアマンが「オーナー会議よりオーナーが顔をそろえている」というほどの豪華メンバーだ。
似鳥昭雄ニトリホールディングス会長は「日本を代表するものすごい方々にお集まりいただいた。みなさんとゴルフをできるのが最高の幸せです。視聴率一番を目指し『ニトリレディス』を盛り上げていきたい」と挨拶。
来賓として登壇した御手洗キヤノン会長兼CEOが「〝お、ねだん以上〟というエレガントなキャッチコピー通りの社長だと思っていたが、実際はダイナミックで、胆力に秀でた経営者でした。似鳥さんと友だちであることを誇りに思っています」と挨拶。喜多恒雄日本経済新聞社会長が乾杯の音頭を取ると似鳥会長が飛び入りで歌を披露するなど盛会の前夜祭となった。
翌24日のプロアマ大会は、台風一過の晴天のもとでスタート。大髙善興ヨークベニマル会長、末澤日本ハム社長、山本浩二氏の藤田さいきプロチームが15アンダーで優勝。表彰式で挨拶に立った樋口大和ハウス工業会長兼CEOは「これだけ格好つけず裸になれる経営者を私は知らない。人間味のある似鳥さんの元に集まるメンバーは年々すごくなる」と会を締めくくった。
本戦は笠りつ子プロがイ・ボミプロとのプレーオフを制して優勝。11年に続く大会2勝目を飾った。

その他