「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 税理士法人TAP

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士法人TAP
取材日:2016年10月

写真 内田勇介 うちだ・ゆうすけ/2003年慶應義塾大学文学部卒業。08年公認会計士・税理士登録。大手監査法人勤務を経て13年に税理士法人を設立し、代表社員に就任。以降、帯広や札幌の会計事務所3つを承継。15年に税理士法人TAPへ名称変更。 写真 斎藤 隆 さいとう・たかし/1990年北海学園大学経済学部卒業。札幌国税局管内の税務署で相続税、贈与税の税務調査、相談、審理事務、路線価策定の事務を担当。2015年にTAP入所。札幌事務所所長。

経験に基づく実践的な事業承継と相続対策

「税理士法人TAP」は2013年に十勝管内本別町の会計事務所を引き継ぐ形で設立。以降、帯広と札幌の2つの事務所を承継して発展した。
 承継までのさまざまな話し合いや雇用の引き継ぎ、金銭の支払い方法など、自らの経験を生かした実践的な事業承継やM&A対策を得意としている。
 内田勇介代表は、現経営者と事業を引き継ぐ社長候補への橋渡し役として決算書の読み方、金融機関や税務署とのやりとり、事業計画のつくり方などを丁寧に指導する。
 また株の贈与・譲渡など相続対策は札幌事務所所長の斎藤隆税理士が担当。税務調査官の経歴を生かし、配当金や退職金の支払い時期などを計画的に提案する。
「中小企業では経営者が全てを管理しています、経営者が亡くなると会社存続が困難になる。早めの対策が必要です」と内田代表。
 また相続争いが見込まれる案件は法律事務所と提携し、迅速に対処する体制を整えている。

基本データ

企業名:
税理士法人TAP
住所:
札幌事務所 札幌市西区山の手2条1丁目1‐11
TEL:
011・631・2931
URL:
http://www.zeirishitap.com/
士業