「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 石屋製菓

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

石屋製菓
取材日:2015年12月

写真大 石造りのクラシックな外観をした「札幌大通西4ビル」

写真 石水創社長 写真 外国人旅行客にも人気の高いチョコレートスイーツ「美冬・抹茶味」

これまで以上の笑顔をお客さまへ届けるために

 北海道を代表する菓子製造・販売の「石屋製菓」は、インバウンド効果もあり、売り上げが好調だ。主力商品「白い恋人」は北海道を訪れたことのない外国人旅行客にも大人気。
 さらに、白い恋人以上の勢いをみせているのが、ミルフィーユのチョコレートスイーツ「美冬」の抹茶味だ。パッケージに「盆」と「箸」をプリントするなど、和のイメージを前面に押し出している。美冬では新たにゆず味を期間限定で発売、こちらも好評を得ている。
 2015年10月から大丸札幌店のみで期間限定販売したのが、創業当時に製造していた「凍焼(しばれやき)」。ミルクあんが詰まったバターケーキのホイル焼きで、15年3月に「サザエ食品」を事業継承したことで復刻が実現した。
 石水創社長は「凍焼はサザエとの初のコラボ商品となります。今後も和と洋を融合させた商品を生み出していきたいと考えています」と話す。
 16年は3月26日に開業する北海道新幹線を記念した新商品を発売する。また、13年に札幌市内中心部に誕生した「札幌大通西4ビル」には売店「ISHIYA SHOP」、喫茶店「ISHIYA CAFE」、キャンディー専門店「キャンディ・ラボ札幌大通西4ビル店」が入る。
「ビジネス客など地元住民の利用が多く、まちのランドマークとして定着してきたのではないかと思っています。オフィスフロアも9割以上が埋まっています」(石水社長)
 年間60万人が訪れる本社工場併設の「白い恋人パーク」は15年に節目の20周年を迎え、スタッフの制服を新調、記念商品も販売した。
「ハロウィーンパレードなど、イベント開催にも力を入れました。社員からのアイデアを積極的に取り入れて、今後もさまざまなイベントを実施していきます」(石水社長)
 17年をメドに北広島に新工場を建設、16年4月に着工予定だ。白い恋人と美冬の製造工場となる。それに伴い、白い恋人パークの改装も検討している。
「体験型施設を増やすなど、何か新たな試みをおこないたい。これまで以上にお客さまに笑顔を届けられるように、全社員一丸となって取り組んでいきます」と石水社長は意欲を見せる。

基本データ

企業名:
石屋製菓
住所:
札幌市西区宮の沢2条2丁目
TEL:
011・666・1483
URL:
http://www.ishiya.co.jp/
企業特集:躍進企業の新戦略