「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 石屋製菓

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

石屋製菓
取材日:2017年3月

写真大 魅力的な施設がますます増え、観光スポットとして定着

写真 石水創社長 写真 「ISHIYA GINZA」 写真 北海道では買えない商品が並ぶ

いよいよ東京初進出。「白い恋人パーク」には新施設も

 石屋製菓は誰もが認める北海道の土産菓子業界のリーディングカンパニー。主力商品「白い恋人」の勢いは発売開始から40年を経ても増すばかりで、ミルフィーユ菓子「美冬(みふゆ)」などとともに人気を獲得。売上高も好調に推移している。
 その同社の2017年は大きな出来事が目白押しだ。まずこの春に控えているのが道外初となる直営店舗のオープンだ。東京・銀座に開業する商業施設「GINZA SIX」地下2階に、「ISHIYA GINZA」を4月20日に出店する。
「コンセプトは銀座にいながらも北海道を感じられる店」と石水創社長が話すように、同社の強みであるチョコレートやラングドシャ、パイの原料に道産の乳製品などを使用した商品が店頭に並ぶ。しかし「北海道に行かなければ買えない」という戦略を貫いてきた「白い恋人」などの主力商品は扱わない。道内直営店との差別化を徹底した格好だが、反対に道内から東京に出かけた人が同店を訪れるケースもありそうだ。
 また秋には、かねてから北広島市で建設中の新工場が本格稼働する予定だ。これに先立ち5月に新設される北広島市新庁舎にカフェをオープンさせる。13年に誕生した「札幌大通西4ビル」地下2階にある「ISHIYA CAFÉ」の2号店という位置づけだ。
 一方、この工場移転に伴い「白い恋人パーク」を改装。20年度までに体験型メニューを充実させるなど段階的にリニューアルオープンさせていく予定で、17年は絵本の世界を再現したような「ガリバータウン」の誕生や、ロンドンタクシーと2階建てのロンドンバスも登場する。
「白い恋人パーク」は外国人観光客からも好評で、15年度には有料入館者数が70万人を突破。これは前年度20%増で、外国人観光客だけでは同40%増の33万人にも達している。「今後は有料入館者数を100万人まで引き上げたい」という石水社長の言葉にも力がみなぎっている。
 なお、同社では国際的食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」の認証を今年1月に取得。さらなる安全性が確認されている。

基本データ

企業名:
石屋製菓
住所:
札幌市西区宮の沢2条2丁目
TEL:
011・666・1483
URL:
http://www.ishiya.co.jp/
企業特集:顧客第一への挑戦