「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 石屋製菓

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

石屋製菓
取材日:2016年9月

写真大 ホワイトチョコと道産チーズの「味わいチーズバウム TSUMUGI」

写真 石水創社長 写真 1296円(税込み)で発売中 写真 開業から3周年を迎えている「札幌大通西4ビル」

高級化路線が奏功し、ロングセラー銘菓に

 北海道を代表する銘菓「白い恋人」。今年は発売から40周年を迎えており、「フォト&メッセージコンテスト」を開催するなどイベントも目白押しだ。
 その「白い恋人」は現会長の石水勲氏が手掛けた。澱粉加工工場としてスタートした同社はドロップや駄菓子などが当時の主製品。しかし本州大手が進出してきたことで低価格競争に巻き込まれていた。そこで勲氏が「いい原料でいいものが作りたい」と決断。高級化路線に舵を切った。そして71年には札幌市営地下鉄の開業を記念した「シェルター」を発売。このクッキーを原型にして、76年には「白い恋人」が発売された。
 味の評判もさることながら、経営的には観光みやげとすることで販売ルートを開拓したことが大きかった。北海道限定とする戦略も奏功し、全日空の機内食に採用されたことで一気に知名度を上げた。
 北海道限定品という〝希少性〟を売りにした戦略は道外観光客の心を引きつけ、北海道旅行のきっかけにもなった。そして95年には、その追い風を受けて「白い恋人パーク」をオープン。さまざまなアトラクションを揃えることで、地元客・観光客ともに愛される一大テーマパークへと成長させた。オープン20周年となった15年度は来場者が70万人超。過去最高を記録した。
 14年4月には札幌市中心部のランドマーク的存在として石造りの「札幌大通西4ビル」を誕生させた。同ビルでは「ISHIYA CAFE」「ISHIYA SHOP」「キャンディ・ラボ札幌大通西4ビル店」をオープン。「白い恋人」のバラ売りなど斬新なアイデアも好評を博している。今後は17年度に予定されている新工場(北広島市)稼働、「白い恋人パーク」のリニューアルも控えている。一方、新商品や限定商品も続々投入。チキン風味の「北海道クリームシチューあられ」や、10月からの限定商品「味わいチーズバウム TSUMUGI」など、利用者の心をまたしても引きつけている。

基本データ

企業名:
石屋製菓
住所:
札幌市西区宮の沢2条2丁目
TEL:
011・666・1483
URL:
http://www.ishiya.co.jp/
企業特集:革新の魂