「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 珈房 サッポロ珈琲館

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

珈房 サッポロ珈琲館
取材日:2018年3月

写真大 北海道命名150周年記念コーヒー豆を販売

写真 新豆限定ボトルコーヒー2本セットは3500円(税別)

北海道にゆかりのあるコーヒー豆で北海道に貢献

 サッポロ珈琲館は、昨年創業35周年を迎えた道内有数のコーヒービジネスグループ。「北海道に本物のコーヒー文化を」との思いを胸に、コーヒービジネスを通して北海道への貢献を続けている。
 世界各国のコーヒー農園に出かけ、直接契約して仕入れた「契約農園」シリーズが好評。昨秋にはシマダ農園(ブラジル・セラード地区)と新たな契約を結んだ。同農園は、滝川市出身の祖父母を持つ日系ブラジル人3世が農園主を務める。いわば北海道にゆかりのある希少なコーヒー豆だ。
 同社では届いた2017年産の新豆を直営店などで販売しているほか、羊蹄山麓の天然水でネルドリップしたボトルコーヒーを販売。北海道命名150周年記念ボトル「ブラジルヌーボーコーヒー」としているのも、北海道への貢献にこだわる同社らしい。このシマダ農園産をベースにしたブランドコーヒーは今年12月に就航20周年を迎えるエア・ドゥの機内コーヒーとしても提供している。
 なお、4月21日から「春の感謝セール」を直営11店舗で開催。コーヒー豆が3割引きになるなど、自分好みの味を見つけてほしい。

基本データ

企業名:
珈房 サッポロ珈琲館
住所:
札幌市西区八軒1条西3丁目
TEL:
011・642・1389
URL:
http://www.sapporocoffeekan.co.jp
企業特集:飛躍へ向けた次の一手