「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 江別製粉

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

江別製粉
取材日:2017年2月

写真大 本社(左)と製粉工場

写真 安孫子俊之社長 写真 2014年に建設した研修施設「北の小麦 未来まき研究所」

地元の生産者と連携し道産小麦の魅力を全国に発信

「生産地に製粉工場がある例は全国的にめずらしい。小麦生産者と消費者をつなぐ役目でありたい」と安孫子俊之社長。
 1948年に江別市で創業した江別製粉。80年代から業界に先駆けて北道産小麦の可能性に着目、地元農家や自治体と連携して商品化に取り組んできた。来年で70周年を迎える。
 道産小麦を用いた小麦粉は、高品質だが収穫量が少ない「ハルユタカ」を筆頭に、味の良さから道内はもちろん東京の銀座や吉祥寺、渋谷などの高級ベーカリー店からも注文が相次ぐ。 
 2004年には多品種少量生産にも対応。世界でもめずらしい小ロットの製粉プラント「F‐ship」を開発した。小麦を10分の1以下(同社比)の1トンから製粉ができ、各地の農家や農協ごとに特色を生かした小麦粉の生産が可能となった。地域ブランドやご当地グルメを下支えしている。
 14年には小麦を通じて交流を深めるための研修施設も立ち上げた。

基本データ

企業名:
江別製粉
住所:
江別市緑町東3丁目91
TEL:
011・383・2311
URL:
http://haruyutaka.com/
企業特集:この企業が地域を支える