「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 日本アシスト会計グループ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本アシスト会計グループ
取材日:2016年10月

写真 佐々木 忠則 ささき・ただのり/1977年北海学園大経済学部卒業。91年日本アシスト設立。92年税理士登録。佐々木忠則税理士事務所・佐々木忠則行政書士事務所開業と同時にTKCへ入会。2009年税理士法人アシスト合同会計設立、代表就任。

企業にあった利益の出る仕組みをオーダーメードで構築

 さまざまな業種の帳簿管理実績を誇る佐々木忠則代表。特に、企業の財務コンサルタントに手腕を発揮している。その実績から、経済産業省が実施する「経営改善計画策定支援事業」の認定機関となっており、金融機関と連携した企業の再建も手がけている。
 佐々木代表は「赤字が続く企業には必ず原因があります。まずはそこに気づいてもらうことが重要です。時に経営者と言い合いになってしまうこともありますが、それぐらい本気でぶつからないと何も変わらない」と、クライアント企業に対して徹底した対話を基本としている。
 アドバイスの内容は、赤字要因の解消と利益が出ていた得意分野をどう生かしていくかなどさまざま。実際に、赤字要因となっていた事業から思い切って撤退を英断するなど大胆な手を打つこともあるという。
「企業によって経営方針や取り扱う商材、従業員など、それぞれに特長があります。どこかの企業のまねではなく、オーダーメードでその企業に合った仕組みを構築することが大切です。絶対に黒字体質にする自信はあります」と佐々木代表は自信をみせる。

基本データ

企業名:
日本アシスト会計グループ
住所:
札幌市北区北31条西4丁目1‐2
TEL:
011・727・5143
URL:
http://www.assist-kaikei.co.jp/
士業