「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 日本アシスト会計グループ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本アシスト会計グループ
取材日:2017年10月

写真 佐々木 忠則 ささき・ただのり/1977年北海学園大経済学部卒業。91年日本アシスト設立。92年税理士登録。佐々木忠則税理士事務所・佐々木忠則行政書士事務所開業。同時にTKCへ入会。2009年税理士法人アシスト合同会計設立代表就任。

クライアントの強みを引き出し経営基盤の強化を図る

 基本の会計業務はもちろん財務面の強化にも力を入れている佐々木忠則代表。
 企業の強みを探すべく商品や原材料の仕入れ、原価計算、販売経費などの数字を精査。それらの数字とともに地域特性や、経済の状況なども踏まえ企業にあった利益が出る仕組みを構築している。 
「〝クライアントの人生を預かっている〟という気持ちで業務にあたっています。言い合いになることも多々ありますが、それくらい腹を割って話さないと何も変わらない」と佐々木代表は語る。実際に赤字体質の企業には〝これならいけるかも〟ではなく〝これならいける〟と思ってもらえるまで話し合い打開策を探していく。
「決定権はもちろん社長にありますが、〝これでいいのか〟など判断に迷う際は社長の少し後ろから〝それで良い〟〝こうしたほうが良い〟などの後方支援をしています」(佐々木代表)
 また、事業承継に対しても豊富な実績を誇る佐々木代表は「事業承継では税金対策なども重要ですが、赤字体質のまま譲渡してしまうと、バトンを受け取った人が苦労することになります。そのため、財務面の強化が重要です」と語る。

基本データ

企業名:
日本アシスト会計グループ
住所:
札幌市北区北31条西4丁目1番2号
TEL:
011・727・5143
URL:
http://www.assist-kaikei.co.jp/
士業