「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 新札幌豊和会病院

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

新札幌豊和会病院
取材日:2016年7月

写真大 江副英理副院長 えぞえ・えいり/ 1992 年札幌医科大学卒業。2005 年前身の新札幌恵愛会病院に勤務し、副院長に就任。日本消化器病学会認定消化器病専門医。日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医。日本ハイパーサーミア学会会員。

写真 専用機器を用いてラジオ波を照射している

ハイパーサーミアで心身ともに〝健康的〟ながん治療を目指す

 外来では内科を中心とした幅広い診療領域が強みだが、専門は消化器。胃・大腸がんに対する腹腔鏡手術なども数多く実施するなど、新札幌豊和会病院の中心メンバーとして活躍している。
 がん治療においては、手術、放射線、薬物療法が〝3大治療〟といわれているが、昨今は免疫療法も脚光を浴びている。中でも注目されているのが「ハイパーサーミア」だ。
 この治療法は、専用機器を使用してラジオ波を患部に照射、局所加温させることでがん細胞を壊死させると同時に身体の免疫力を高めるというもの。副作用の心配はなく、3大治療と併用することで、それぞれの治療効果も促進する。中には薬物療法のウエートを減らせるケースもある。患者の心身の負担を軽減しながら〝健康的〟ながん治療を目指している。
 ハイパーサーミアは、あらゆるがんに有効とされ、2015年は3593例、今年はすでに3070例(7月現在)を実施。評判を聞きつけ、道内全域から患者が訪れている。

基本データ

企業名:
医療法人豊和会 新札幌豊和会病院
住所:
札幌市厚別区大谷地東2丁目5‐12
TEL:
011・893・7000
URL:
http://houwa.or.jp/shinsapporo/