「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 新川中央眼科

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

新川中央眼科
取材日:2017年7月

写真 小川佳一院長 おがわ・けいいち/1996年旭川医科大学卒業。旭川厚生病院、苫小牧市立総合病院、道立江差病院で勤務後、開業。日本眼科学会認定眼科専門医。ハイテクノロジー専門学校非常勤講師。 写真 最先端の機器をそろえた手術室

眼に負担をかけない白内障手術を実践。難症例にも対応

 一般的な白内障手術は、濁った水晶体を一気に除去するため、術中の眼圧を通常時の3〜5倍程度上昇させる。しかし、この眼圧は急性緑内障発作と同レベルで、一時的だが眼に負担がかかっているのは間違いない。
 眼圧を上昇させず、つまり眼に負担をかけずに白内障を手術する術式がある。それが「正常眼圧白内障手術」だ。
 道内では数人のドクターしかおこなえない難易度の高い手術で、その一人が小川佳一院長。手間がかかり、時間も多少要するが「すべては患者のため」と意に介さない。
 こうした患者本位の姿勢は一貫している。例えば、進行した白内障や難症例の受け入れだ。外傷性虹彩欠損など合併症を併発している場合、リスクを懸念して手術に踏み切れないドクターも多いが「見える世界を取り戻してほしい」との思いで数々の手術を成功に導いている。
 なお7月から外来診療を他の医師と分担。これまで手術は2~3カ月待ちの状態だったが、手術日を増加し、1カ月以内での実施が可能となっている。

基本データ

企業名:
新川中央眼科
住所:
札幌市北区新川3条7丁目
TEL:
011・769・1010
URL:
http://www.central-eye-clinic.jp/