「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 新川中央眼科

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

新川中央眼科
取材日:2017年1月

写真大 小川佳一院長 おがわ・けいいち/1996年旭川医科大学卒業。旭川厚生病院、苫小牧市立総合病院、道立江差病院で勤務後、開業。日本眼科学会認定眼科専門医。ハイテクノロジー専門学校非常勤講師。

写真 手術の様子はモニターで家族も見られる

難症例のオペも数多く執刀 正常眼圧白内障手術を実践

「通常の白内障手術は時間短縮を目指すため、術中の眼圧を通常の3〜5倍にします。これは、急性緑内障発作とほぼ同じ眼圧で、目にかなりの負担がかかっている。当院では、眼圧を正常値から上昇させない『正常眼圧白内障手術』を実施しています」
 一般的に正常眼圧白内障手術の適用は、眼圧が慢性的に高い緑内障患者のみだが、小川佳一院長はすべての白内障手術を正常眼圧で執刀している。手術の難易度は増す上、手間もかかるが「すべては患者のため」ときっぱり。患者本位の治療を貫く。
 進行した白内障や難症例の患者の受け入れにも積極的だ。さらに、外傷性虹彩欠損を併発している場合には、虹彩再建術を組み合わせた手術を実施するなど、さまざまな症例にも対応する。リスクを懸念して手術に踏み切れないドクターも多いが、数多くの臨床経験で培った手技によって数々のオペを成功に導いている。他院からの紹介が多いのも納得だ。

基本データ

企業名:
新川中央眼科
住所:
札幌市北区新川3条7丁目
TEL:
011・769・1010
URL:
http://www.central-eye-clinic.jp/