「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 拓殖大学北海道短期大学

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

拓殖大学北海道短期大学
取材日:2016年5月

写真大 篠塚 徹学長(しのつか・とおる) 武蔵大学経済学部卒業。元国際協力銀行(JBIC)理事。2000年4月、拓殖大学国際開発学部教授。04年4月、国際開発学部長。08年4月、拓殖大学副学長。09年4月から現職。

写真 東京ドーム12個分の広大なキャンパス

具体的なポリシーを策定。座学と実習を有機的に連携

 ――貴学の3つのポリシーは。
 篠塚 3つのポリシーの基盤にあるのは「拓殖大学の伝統である開拓者精神を継承し、実践的な知識や技術と豊かな人間性を兼ね備えた、広く社会の発展に貢献できる有為な人材を育成することを目的とする」という建学の精神です。
 本学は2014年度の大学改革にともない、3つのポリシーを新たに策定しました。短期大学らしく、極めて具体的で実践的なポリシーになっています。
 ――農学ビジネス学科のポリシーは。
 篠塚 環境農学、地域振興ビジネスの2コースとも共通です。アドミッション・ポリシーには「農業を学びたい人」「農作物の加工・流通を勉強したい人」「拓殖大学または他大学への編入学を希望する人」など、具体的に盛り込んでいます。
 最近の高校生は具体的なほうが考えやすいようです。高邁なことを言って学生に思いが届かないのでは意味がありません。そして、希望を持って入学してきた学生の夢を叶えるために、カリキュラム・ポリシーがあります。新しい時代の農業と地域経済を担うにふさわしい教養と専門性を身につけるための基礎科目と専門科目の2大編成であり、講義科目と演習・実習科目を有機的に連携した実践性が特色です。
 短期大学ですから、あまり複雑化はしていません。ただし、農業に従事するにしても基礎的な法律や経済の知識はあったほうがいい。専門科目では農業の基本を座学と実習から学んでいきます。実習は本学の最大の特色です。
 地域振興ビジネスコースでは、地域のさまざまなイベントにかかわる地域特別演習を設けています。主催者と共に企画を練り、運営し、参加する。参加を超えた参画です。背景には演習で学んだことが生かされています。
 こうして職業生活の実践に必要な基礎的知識や技術を習得し、新しい農業及び地域経済を担うにふさわしい汎用的技能と専門性を身につけ、所定の単位を取得した学生に短期大学士を授与しています。
 ――保育学科のポリシーは。
 篠塚 「感動体験こそ教育の原点」を基本理念に、自己表現力、指導力、社会性を身につけ、子どもの豊かな感性を育むことのできる幼稚園教諭、保育士を養成しています。保育学科のアドミッション・ポリシーも「子どもが大好きな人」「表現力を身につけ、子どもの心をひきつける先生をめざす人」など具体的。幼稚園教諭や保育士を目指す人材を受け入れています。
 カリキュラム・ポリシーは、幼稚園2種免許、保育士資格、社会福祉主事任用資格が卒業と同時に取得できるとともに、保育者・社会人として必要なさまざまな人間性を育み、自己成長を促す学習環境として、感動体験を伴うミュージカルを実践するなど、講義科目と演習、実習科目との有機的な連携において、実践性を維持すると定めています。こちらも座学と実習を有機的に連携させているのが特徴です。
 専門性の高い幼稚園教諭養成のための教育課程、保育士養成のための教育課程の授業科目に加え、保育者として必須の素養たる個性的で豊かな人格を育むための重要科目を受講し、かつ所定の単位を習得した学生に、保育学の短期大学士を授与しています。
 ――3ポリシーに基づいた教育をおこなった結果、就職率は毎年ほぼ100%です。
 篠塚 就職したい学生はほぼ100%就職していますし、大学に編入する学生もいます。
 編入先は拓殖大学が最も多いのですが、国公立大学に編入する環境農学の学生、札幌圏の文系の大学に編入する学生もいます。1年次から個々の学生と面談し、編入の意志を確認しています。
 ――今年は開学50周年の節目の年です。
 篠塚 少子化傾向と4年制大学志向により、地方の短期大学は2重のハンディキャップを抱えているともいえます。しかし、本学はこれを逆に強みに変えてきました。地方ならではの広大な土地を活用して、少人数教育だからこそできるきめ細かな実践教育をおこなってきました。
 北海道有数の農業地帯である北空知の特色を十分に生かした農業教育をおこない、農業生産物や観光資源を元に、それらの付加価値を高めながら、地域の振興を図るビジネスを実践的に探求する教育をおこなってきました。おかげさまで地域に寄り添って半世紀を迎えます。
 ――50周年の取り組みは。
 篠塚 式典や講演会の他、本学に本格的な加工施設を設置して、深川駅前のプラザ深川で継続的に販売しようと考えています。加工までは農学の学生がやり、販売は地域振興の学生がやる。これこそ生きた教育です。

基本データ

企業名:
拓殖大学北海道短期大学
住所:
深川市メム4558
TEL:
0164・23・4111(代表)
URL:
http://www.takushoku-hc.ac.jp
教育:大学