「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 手稲病院

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

手稲病院
取材日:2017年7月

写真大 手稲山を背後に望む静かな環境

写真 写真 完全個室のストレスケアユニットは設備も水回りも充実 写真 一般病室にも全てトイレを設置 写真 リハビリで社会復帰を支援する

手稲山を望む52床の完全個室を完備。患者の社会復帰を支援

 1964年に開院した手稲病院(澤山浩之理事長・院長)。232床(急性期治療病棟52床、精神療養病棟120床、認知症治療病棟60床)を備え、急性期医療からリハビリ、生活支援まで心の病の幅広い診療をおこなっている。
 昨年4月に急性期病棟の52床全てをトイレ設置の個室にした。精神科病院で完全個室の病棟を備えているのは珍しい。
 なかでも10床のストレスケアユニットはエアコン、トイレ、シャワー室、洗面台、テレビ、冷蔵庫などを備え、喧騒を離れ静かな環境で休息が取れる。室料は備品使用料として1日1000円と負担も最小限に抑えている。
 一般ユニットの42床の一般病室も個室全てにトイレ完備。室料の負担はない。
 入院中は看護師、精神保健福祉士、心理士、作業療法士が連携して最新の知見を取り入れた標準的な治療をおこなう。患者の状態に応じてクロザピン薬物療法など専門的な治療もでき、退院後はデイケアや訪問看護も利用可能だ。
 また心の病を抱える人の社会復帰に早い時期から力を入れており、2001年には札幌市で初めての精神障がい者地域生活支援センター(現・地域活動支援センター)と市内2番目となる精神障がい者生活訓練施設を開設。この経験を生かして、現在は地域のグループホームや就労支援事業所などの福祉サービス事業所と連携して生活・就労支援に取り組む。
 また近郊のメンタルクリニックからの「紹介入院」も受け入れており、退院後は元の医療機関に戻ることで、入院前からの治療を継続して受けられる。
「初診や外来の患者さんにも利用しやすいようにホームページをリニューアルしました。また患者さんの入院先を決める際の地域のメンタルクリニックなどの医師やソーシャルワーカーからの相談対応にも力を入れています」と澤山理事長。

●診療科目
精神科、心療内科、
リハビリテーション科

●診療時間
月〜金 9:00~12:00
    13:00~17:00
※初診は完全予約制
※午後は予約のみ
土曜  9:00~12:00
※再来のみ

●休診日
第5土曜、日曜・祝日、年末年始

基本データ

企業名:
医療法人澤山会 手稲病院
住所:
札幌市手稲区前田6条13丁目8-15
TEL:
011・683・1111
URL:
http://www.teinekokoro-hospital.jp/