「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 岩田地崎建設

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩田地崎建設
取材日:2016年4月

写真大 100周年へ向け業容を拡大する岩田地崎建設

写真 岩田圭剛社長は道建設業協会会長も兼任 写真 着々と工事が進む北斗市・村山トンネル 写真 竣工した札幌第一高等学校校舎

道内建設業界のリーダーとして未来を創造

〝未来を創造する企業〟をコンセプトに掲げる岩田地崎建設。ビルや住宅建設、道路工事、河川工事、ダム建設などあらゆる事業を展開しており、道内建設業界の売上高首位に君臨する。

技術力とサービスを高いレベルで維持しており、官民問わずに事業を受注できるのが同社の強み。受注高は700億円超を維持しており、2016年3月期においては1000億円に迫る勢いだ。

岩田圭剛社長は北海道建設業協会会長も兼任。名実ともに道内建設業界のリーダーとしてその手腕を発揮している。

3月には北海道新幹線が開業したが、今後は札幌延伸が控えている。また札幌市が冬季オリンピックへの立候補を予定しているなど道内ではダイナミックなインフラ整備を伴う大規模なプロジェクトが目白押しだ。同社は道内建設業界のリーダーとしてそれらを牽引する役割を担っており、まさに北海道の〝未来を創造する企業〟として大きな期待を寄せられている。

もちろん直近でもさまざまな工事を手掛けている。2015年8月に北広島市新庁舎建設工事のうち建築主体工事をJVとして受注したほか、12月には札幌医科大学付属病院の増築工事、また国道229号新美谷トンネル工事(せたな町)などの土木工事も受注している。

一方、道外でもその存在感は高まっており、岸和田市立新福祉総合センター新築工事(大阪岸和田市)を共同企業体として受注したほか、東京外かく環状道路トンネル工事を受注したJVに一員として参画している。

また、北海道新幹線の札幌延伸で最初のトンネルとなる村山トンネル(北斗市)、札幌都心の新拠点「創世1・1・1区(そうせいさんく)」(中央区北1西1)などのビッグプロジェクトでも引き続き順調に工事を進めており、その存在感は増すばかりだ。

さらに海外でも15年は、キルギス共和国で橋梁工事、ウガンダ共和国で病院建設と2物件の工事を無事竣工させている。

こうした業容拡大に伴い企業体制も刷新。全国にまたがる業務管理の効率化のため、管理、営業、土木、建築の4本部を今年4月に新設した。新たなガバナンス体制を築き上げ6年後の創業100周年へ向けて邁進する。

基本データ

企業名:
岩田地崎建設
住所:
札幌市中央区北2条東17丁目2番地
TEL:
011・221・2221
URL:
http://www.iwata-gr.co.jp
企業特集:目指せナンバーワン企業