「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 大黒自工 札幌工場

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒自工 札幌工場
取材日:2016年5月

写真大 同社が改造したLPGプリウスとLPGハイエース

プリウス、ハイエースを改造し、CO2を大幅削減

 大黒自工ではガソリンと電気、LPガスで走行する「LPGプリウス」への改造を請け負うことで、CO2排出量の削減に貢献している。グループのタクシー会社「ダイコク交通」では、87台のプリウスおよびプリウスαタクシーのうち、プリウス13台、α5台が「LPGプリウス」のエコタクシー。年々、台数を増やしている。
 LPGプリウスでは、発進時以外のほとんどをLPガスで走行できる。同社の調べによれば、ガソリン消費はわずか15%で、85%がLPガス。ノーマルプリウスよりもCO2排出量をさらに12~15%カットする。
 グループ以外の改造も手掛けている。改造費用を含めてもコストダウンが実現できると、経営面からも喜ばれている。
 2月には、ハイエースグランドキャビンのLPG改造車も完成し、実用化されている。ジャンボハイヤーは大半が同車種であり、ガソリン車しかないことから、環境貢献と燃料コスト減をめざし、引き合いがきている。
 クリーニングの集配など毎日、ルートサービスをおこなう業種にも適しており、走り方にもよるが、年間3万キロ走行なら約2年半で改造費用が回収できる。

基本データ

企業名:
大黒自工 札幌工場
住所:
札幌市西区発寒15条3丁目927‐6
TEL:
011・668・3321
URL:
http://www.daikoku-web.com
エコロジー