「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 大豊資材工業

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

大豊資材工業
取材日:2018年3月

写真大 少数精鋭で高い生産性を有する

写真 大関徹社長 写真 女性社員も活躍

若手や女性が活躍する道内トップクラスの建材商社

「大豊資材工業」は、1971年に創業した建築資材の専門商社。骨材(砕石や砂利など)販売で高いシェアがある。子会社でトラックも有して、顧客の依頼に素早く対応。年商は50億円で道内業界でトップ10に入る。
 近年は情報経路の多様化など商社をめぐる環境は激変しているが大関徹社長は「より高い専門性や提案力を持った社員を育てることが成長の起爆剤になる」と人材育成に先行投資。定期採用も実施している。
 また「学生に一人の人間として生き抜く力を持たせることが企業の社会的責任」とも語り、入社後数年は内勤や先輩のサポートで、身なり、言葉使い、礼節など信用につながる振る舞いや幅広い知識も身に付けさせている。
「当社はルート営業と信用取引が主体です。育成に年月がかかっても構いません。顧客から信頼され、喜ばれる一流の商社マンになってほしい」と大関社長。

■募集職種
●営業職、一般事務職

【記者が見た現場】
 若者にも即戦力を求める企業が多い中でじっくりと育成期間を設けて指導しているのが印象に残った。従業員は25人だが女性の管理職や20代の社員も6人在籍するなど幅広い世代が活躍している。2015、16、17年入社組の先輩社員が見守ってくれるのも心強い。

基本データ

企業名:
大豊資材工業
住所:
札幌市東区伏古9条1丁目5-26
TEL:
011・781・3932
URL:
www.taihowsizai.co.jp
企業特集:覚悟と展望