「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 博光

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

博光
取材日:2018年1月

写真大 札幌市白石区にある本社

写真 山田健二社長 写真 磯智里さん 写真 山田貴之さん 写真 屋外用マンションボイラー

道内トップの実績を誇る暖房設備のプロフェッショナル

 「マンション用ボイラーの交換周期は12年前後。2005年頃に完成したマンションは交換期にさしかかっている」と山田健二社長は語る。
 今年で設立50年を迎える博光は、暖房機器の交換・修理を手がける専門企業。屋内用ボイラーの交換においては6年連続、屋外用は4年連続で道内トップの実績を誇る。札幌市内を中心に、近郊の多くのマンション管理組合、管理会社から指定業者の認定を受けている。
 同社ではあらゆる大手メーカーの製品を扱っているため、ボイラー、パネルヒーター、ファンコンベクターなど、それぞれ異なるメーカーの製品を使用している場合にも対応。メーカーの種類にとらわれず、暖房設備全体を扱えることが強みだ。
「暖房機器のトラブルで多いのは、パネルヒーターが暖まらないという相談です。ヒーター内部を巡る不凍液の交換を定期的におこなうだけでも、不具合のリスクは下がります。暖房を使わない夏場にバルブを閉めてしまうとヒーター内部の不凍液が停滞してしまい、配管トラブルの原因となる場合があるので注意が必要です」と同社営業部の山田貴之さんは語る。
 マンション用ボイラーは受注生産品のため、一般的に交換まで2カ月待ちというケースが多い。しかし、同社ではこの長い待ち時間を解消するため、常時在庫を確保し迅速な交換を実現。長年に渡り築いてきたメーカーとの信頼があるからこそできることだ。また、24時間対応のコールセンターを設置し、緊急時の施工にも対応している。
「冬場の暖房トラブルは一刻を争います。スピード感のある対応をすることで、少しでも早くお客さまの不安を和らげるように心掛けています」と同社の磯智理さんは語る。
 同社では施工品質向上のために研修用のボイラーを社内に設置。分解、組み立てなどをおこない、より深い知識の習得にも余念がない。

基本データ

企業名:
博光
住所:
札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
TEL:
011・595・7851
URL:
http://hakkoh.info/
マンション管理会社