「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 博光

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

博光
取材日:2017年1月

写真大 2016年1月に移転した本社が入るNCKビル

写真 山田健二社長 写真 受付 写真 即日交換工事可能な暖房給湯一体型ボイラー

マンション用ボイラーの修理・交換でトップクラスの実績

 マンションのボイラーは暖房給湯一体型で狭いスペースに設置されていることが多く、配線やパイプが複雑に交差している。そのため、修理や交換には一般住宅用ボイラー以上の専門知識と、限られた空間での作業スキルが要求される。
 1972年創業の博光はマンション用ボイラーを中心に暖房機器の交換・修理を手がける専門企業。札幌市内および近郊の多くのマンション管理会社、管理組合からボイラー指定業者として認定を受け、交換実績は道内最多を誇る。選ばれている理由は対応の早さと施工完成度の高さだ。
 屋内用暖房給湯一体型ボイラーは受注生産品のため、一般的に交換まで2カ月から半年はかかる。この長い待ち時間を解消するため、常時在庫を確保し迅速な交換を実現。メーカーと長年の信頼関係があるからこそだ。また、24時間受け付けのコールセンターを設置することで緊急時の施工にも対応している。
「屋内用給湯暖房一体型ボイラーは、灯油を燃料とするマンションの多くで採用されています。設置から20年以上経過しているものが多いにもかかわらず、的確な施工ができる業者が少ない」と山田健二社長。
 同社には石油機器技術管理士の資格を持つボイラーのスペシャリストが多数在籍。時には分解までおこない故障原因を徹底的に究明している。その情報を共有することで全社員が豊富な知識を備えている。
「屋外用ボイラーは札幌市内に1万6000台稼働していると言われています。一昨年以降、交換時期を迎えるボイラーが増えているため、工事が混み合う前に備えることをおすすめします」(山田社長)。
 また、ボイラーとつながっているパネルヒーター、ファンコンベクターの修理・交換実績も豊富。パネルヒーターの不凍液交換や配管洗浄、近年増加している築15年を超えるマンションの漏水トラブルにも対応している。他にも水栓や換気扇などの交換、内装リフォームなど住宅に関するあらゆるサービスを手がけており「お客さまのニーズを察知しサービスに添加していった結果」と山田社長。

基本データ

企業名:
博光
住所:
札幌市白石区東札幌2条5丁目 6­‐7 NCKビル1階
TEL:
0120・973・991
URL:
http://hakkoh.info/
マンション管理会社