「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 医療法人熊澤歯科 上浦歯科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療法人熊澤歯科 上浦歯科クリニック
取材日:2015年8月

写真大 上浦庸司院長 かみうら・ようじ/1989年北海道大学歯学部卒業後、同大学 第一補綴学教室(有床義歯学)入局。95年同大学歯学部大学院終了。96年熊澤歯科クリニック勤務、2012年同クリニック院長に就任。14年9月上浦歯科クリニック開院。

写真 ジルコニア歯冠を被せた口腔内 写真 ZAZデンチャー 写真 マイクロスコープなどが導入された最新の外科室 写真 全国でも珍しい水平式のベッドを導入 写真 道内で3人しかいないITIフェロー認定証 写真 JR小樽駅から徒歩5分の距離にある

小樽市・後志地域でハイレベルな歯科治療を提供

最高峰の義歯〝ZAZ デンチャー〟を開発

「小樽市は道内でもっとも高齢化が進んでいる地域です。当院では医療法人の母体である熊澤歯科クリニックとの連携で、小樽市民をはじめ札幌など多くの高齢者の口の健康を守っていきます」と話す上浦庸司院長。
 上浦院長は、小樽市内で76年の歴史を持つ熊澤歯科クリニックの院長を務めたベテラン歯科医師。23年の勤務経験を生かし2014年9月に独立。国内で最もハイレベルな手術設備を備え、最新の歯科治療を提供している。札幌市北西部や後志地域の患者も受け入れ、特に欠損補綴と審美に力を入れている。
 中でも金属床義歯(入れ歯)の設計を得意としており、歯科医に向けて全国で講演もおこなっている。
「プラスチック製の義歯は3年程度での交換が必要となりますが、金属床は交換が不要ですから、経済的な負担を軽減することにも成功しています」と上浦院長。
 安全性の高いチタン製ならば、厚さをプラスチックの3分の1から4分の1程度にすることも可能。着けていることが気にならないほどの薄さだ。
「たわみにくいので、使いやすく、口腔への負担も少ない」(上浦院長)
 また、局部床義歯(部分入れ歯)には、和田精密歯研(本社・大阪市)と共同で開発した「ZAZ(ザッツ)デンチャー」を推奨している。
 テレスコープデンチャーと呼ばれる〝はめ込み式〟の義歯の一種で、高額であるため症例数は5年で10件ほどだが、インプラント手術に踏み切れない患者や、従来の金属床では満足できず、よりハイクオリティ(バネが見えず、インプラントと同等の安定性)を求める患者の需要にも応えている。
「従来は、残っている天然歯に金の歯冠をかぶせ、その上に義歯を装着していました。ZAZデンチャーは、金ではなく、新素材のジルコニア製の歯冠をかぶせています。外しても目立ちにくく、義歯裏側の接合部分に金を使っているので保持力も高い。またジルコニアは汚れが付きにくいので歯周病の予防にもなります」と上浦院長。  
 歯の欠損に有効なインプラント治療もおこなっている。同院では世界70カ国で500万人の施術例を持つストローマン社製インプラントを採用している。

道内で、わずか3人のITIフェローに認定

 ストローマン社製インプラントは、世界ナンバーワンのシェアを誇る信頼性の高いブランド。スイスのインプラント学会「ITI」の40年に渡る研究開発と、充実した検査体制のもとに開発されているが、実は上浦院長は同組織から「フェロー」(研究員)に認定されており、その研究と教育にも力を入れている。同組織の会員数は全世界で1万6000人で、道内でも100人が加盟しているが、このうちITIフェローは3人しかいない。より高いレベルでの施術が期待できる。
 手術前には「ガイドサージェリー」を使い、CT画像のデータから手術用のガイドを制作し、インプラントを正確な位置に埋入する。歯茎を切開する必要がないため小切開・無剥離式の「フラップレス手術」が可能で、患者からは「痛みもなく、腫れも少ない」と評価が高い。
「インプラント治療では、熊澤歯科時代から携わった全てのデータが蓄積されています。メンテナンス時期などが把握でき、患者へ定期検診を促すような声かけを実施しております。長期間に渡り使用してもらえるよう手術後のアフターフォローも万全を期しています」と上浦院長。
 また、院内には2人の歯科技工士が勤務し、作業工程ごとの分業制を採用しているため、より高度で専門的な技術の提供ができる。       
 これら最先端の歯科技術に欠かせないのが充実した院内機器だ。同院では歯科の〝3種の神器〟といわれるCAD/CAM、CT、マイクロスコープの全てを保有している。3つの機器を揃える歯科医院は道内では数%しかない。
 特に、高強度のセラミック冠を作成するCAD/CAMは2000年から導入しておりノウハウも蓄積している。また、CTは歯科用以外に耳鼻科用CTもあり、高画質かつ広範囲の撮影が可能で、顎関節症などの治療にも役立つ。
 ほかにも手術の記録にハイビジョンカメラを用いるほか、患者が横になって診察を受けられる水平ユニット(米国の歯科医師ドクター・ビーチ氏が考案)など最新設備をそろえた。
「当院では短時間で集中して治療がおこなえるように、夕方5時までの診療としています。また1日の治療人数も保険、自費治療合わせて20人までと制限をしています」と上浦院長。

基本データ

企業名:
医療法人熊澤歯科 上浦歯科クリニック
住所:
小樽市稲穂2丁目11‐13 協和稲穂ビル5階
TEL:
0134・64・5111
URL:
http://www.kamiura-dental.org/