「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北総研

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北総研
取材日:2015年3月

写真大 デザイン、設備など分譲マンション並みに設定

ハイグレード物件で長期的かつ安定的な賃貸経営

 施工費が高騰している昨今、賃貸経営はより長期的なビジョンで投資する必要がある。そこでおすすめしたいのが北総研の新築企画物件だ。
 同社のコンセプトは、ずばりハイグレード物件。間取りや設備、デザインなどを分譲マンションと同等レベルに設定している。ターゲットも中間所得層以上だ。
 木造や若者ターゲットの物件と比べると初期費用は高くなるものの、家賃を高めに設定できることに加え、2?3回り目以降でも家賃の値崩れはほとんどない。しかも入居者が中?高所得者に限られることによって、家賃滞納といったリスクが低減することは明白だ。
 また、賃貸住宅は供給過多との見方もあるが、ハイグレード物件は供給が少ない。事実、競合物件が少ないこともあり、2013年に完成した「NOVA大通」「NOVA知事公館前」はどちらも即満室となった。それ以外の企画物件でも、他社との差別化が鮮明なため、築年数を経ても入居率は95%以上を保っている。
 今後は新築物件が減少するとの予想もあり、同社の物件なら家賃や利回りが上昇する可能性も大いにある。長期的かつ安定的な賃貸経営を目指すオーナーは、相談してみては。

基本データ

企業名:
北総研
住所:
札幌市中央区北1条西16丁目1-5
TEL:
011・621・4567
URL:
http://www.h-consulting.co.jp/
アパート経営