「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北王コンサルタント

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北王コンサルタント
取材日:2017年2月

写真大 100ヘクタール以上の農地を所有しさまざまな農作物を栽培

写真 北王農林が運営する「ほなみマルシェ」と藤原昇店長

自然を生かした〝十勝型農業〟でさまざまな研究・開発

 1969年に創業した「北王コンサルタント」。農業土木を中心に一般土木や上下水道、環境調査、地域計画など、さまざまなコンサルタント業務を手がけている。
 そんな中、同社が近年力を入れているのが、農業土木のコンサルタントでノウハウを積み上げてきた農業だ。
 グループ企業の「北王農林」では現在460ヘクタール以上の山林と100ヘクタール以上の農地を所有する。2011年にはグリーンツーリズムによる農家レストランと直売所を農地の隣接地にオープン。13年には6次産業化の認定も受けた。
 農地では日本最大規模の作付面積を誇るアスパラや小麦、馬鈴薯、小豆など、さまざまな農作物を栽培。 
 冬期間も化石燃料を使わずに通年で作物を収穫できる体制づくりを整え、現在ではベビーリーフを生産している。
「今後も十勝の豊かな大地と豊富な地下水、日照時間の長さなどを生かした〝十勝型農業〟をコンセプトにさまざまな農作物の栽培をおこなっていきたい」と石川健司専務は話す。

基本データ

企業名:
北王コンサルタント
住所:
帯広市西7条北1丁目11番地
TEL:
0155・26・3775
URL:
http://hokuo.co.jp/
企業特集:この企業が地域を支える