「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道武蔵女子短期大学

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道武蔵女子短期大学
取材日:2015年5月

写真大 学生が快適に過ごすために十分に配慮された施設・設備がそろう

写真 内田和男学長

伝統ある教養教育で、有能な女性を社会に送り出す

――今年も就職内定率は95%を超えました。
 内田 本学では、学生が焦らずしっかりと自分の希望や意思を持って就職活動ができるように、さまざまな角度から就職活動を支援しています。例えば「就職ガイダンス」や、全45回におよぶ受講料無料の「就職対策総合講座」を実施し、就職活動におけるタイムリーな情報収集や試験の傾向、具体的な対策について効率よく理解できるよう配慮しています。
 ――就職先も多彩です。教養教育の賜物でしょうか。
 内田 多くの企業が求めているのは、一般的な理解力や表現力、そして仕事に対する真摯な姿勢やマナーです。企業固有の専門性は入社後にも身に付けることができるはず。つまりポテンシャルを秘めている人材に評価が集まるのではないでしょうか。現代の日本において教養教育への回帰が見られるのは、必然と言えば必然です。実際に本校に来る求人は一般事務職や営業、サービス関係、金融機関、図書館司書、キャビンアテンダント、グランドスタッフなど多種多様。さまざまな企業から評価されている証拠だと考えています。 
 ――ぶれることなく教養教育を貫いていますね。
 内田 日本の大学は、戦後から専門性を重視する方向へと軸足を移してきました。専門性を追求するあまり、多様性、応用性に欠ける知識の深掘りとなっており、マニュアルではない、多様で非定型的な判断のできる人材を育成することができていなかったというのが私の感想です。「教育がある」と「教養がある」の違いを、あらためて認識する必要があるのではないでしょうか。
 ――教養教育の実践について具体的に教えてください。
 内田 教育目標として目指しているのは、物事を考え判断する基礎的な力を養うこと。そしてそれに基づいて〝考える力〟を身に付けさせること。カリキュラムでは「基礎コミュニケーション系」「基礎教養系」「生涯教養系」の3分野の学科を、教養学科のみならず英文学科、経済学科の全3学科共通で実施しています。
 具体的には基礎コミュニケーション系では適切な日本語表現の向上とネイティブスピーカーによるビジネス実践英語の習得など、基礎教養系では歴史、法学、経済学などの科目を通じて、実社会のルールや、国際社会の仕組みを学んでいきます。このように幅広い分野にわたる共通教養科目によりバランスのとれた女性を育てており、これが地域社会や企業のニーズにマッチしていることが高い就職率にもつながっていると考えております。
 ――ゆとり世代といわれる学生たちが在籍中ですが……。
 内田 ゆとり世代というのはネーミングが格好良すぎますね。実際はゆとりがあるからやらないのではなく、何をやっていいのかわからないのだと思っています。本学ではすべての学生がゼミナールに所属しています。他大学と同様の専門的なゼミは2年生からで、1年生は基礎ゼミに所属。表現力や自分の考えを発表する能力を育成し、現代の若者に不足しているコミュニケーション力を養います。相手の話を正しく理解し、自分の意図を的確に伝えることを学びます。そして〝おしゃべり〟を〝コミュニケーション〟に転換させ、自分の意見を言えるようにトレーニングをしていきます。
 ――対人関係を築く能力が鍛えられるのですね。
 内田 実は、このようなカリキュラムを通してのみ、コミュニケーション力の向上を図っている訳ではありません。本学にはいわゆる教員の研究棟や、小中高校のようにまとまった形での職員室や教員室もありません。教員の各研究室は講義室の近くに点在しており、常に教員と学生が自然に触れ合えるようにつくられています。研究室や教員室を訪れる際の抵抗感をなくすことに加え、学生たちは大人とどう接するかということを学んでいるのです。こうした環境の中で挨拶も自然とできるようになっていきます。
 さらに、本学では校舎に入るときに上靴に履き替え、一人ひとりに与えられたロッカーに不要なものをしまいます。学内と学外を区別することは、社会における生活習慣そのものですから、それを学生時代に先取りしておこなっているのです。こうした取り組みは開学以来、代々受け継がれているもので、これこそが学生の教養を磨いていくと感じています。
 ――校舎のつくり方や伝統を受け継ぐ意識といったものが〝就職の武蔵〟につながっている。
 内田 これからの時代は、女性も職業人として立派に独り立ちできることが求められてきます。こうしたことを見据え、教養教育と職業教育の融合を図りながら、学識豊かで有能な女性をこれからも社会に送り出していきたいと考えております。

基本データ

企業名:
北海道武蔵女子短期大学
住所:
札幌市北区北22条西13丁目
TEL:
011・726・3141
URL:
http://www.musashi-jc.ac.jp
教育:大学