「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道柔道整復専門学校

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道柔道整復専門学校
取材日:2017年5月

写真大 野崎享教務副主任(左から2人目)による実技授業

写真 地下鉄東西線「西18丁目」駅より徒歩2分 写真 附属の養成施設「整骨院ハピネ」

柔道整復師国家試験合格率が道内一の伝統校

 北海道柔道整復専門学校(加藤貞利校長)は、柔道整復教育の質の向上を目的に設立された公益社団法人全国柔道整復学校協会(本部・東京都港区)の加盟校。社団が経営する全国で唯一の柔道整復師養成学校となっている。2014年には文部科学省より道内の柔道整復科では唯一の「職業実践専門課程」の認定も受けている。
 柔道整復術は、注射や薬に頼らず、人間の自然治癒力を最大限に生かし、手技によって骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの回復を図る施術。東洋医学と現代医学が一体となっている医療技術で、身体機能の治療・回復とともに、心の健康にも効果があるとされている。また、世界保健機関(WHO)にも効用が認められており、西洋医学を補完する存在として期待されている。
 同校では、昼間部(定員30人)と夜間部(同)とも3年間にわたって柔道整復師としての専門知識と技能を養うとともに、医療の現場で求められる豊かな人間性やコミュニケーション能力を持った人材を育成。実習を多く取り入れたカリキュラムと国家資格の取得を見据えた教育システムを実践し、地域医療のスペシャリストへの道をサポートしている。
 国家資格である柔道整復師試験に合格して卒業すると、整形外科やリハビリテーション科のある医療機関のほか、介護・福祉施設などへの就職の道が開かれる。最近はアスリートの活躍を支えるスポーツトレーナーを目指す生徒も多い。また、経験・実績を重ねると、整骨・接骨院への独立開業も視野に入れる。
 教師陣には整形外科、リハビリテーション専門の医師から整骨院経営者まで、業界をよく知るエキスパートがそろっており、国家資格取得まで徹底して指導。近くには附属の養成施設「整骨院ハピネ」(北1西19)もあり、生徒の実習現場となっている。
 学校説明会は、6月24日(土)、7月29日(土)、8月26日(土)、9月16日(土)、11月18日(土)。時間はいずれも午後2時から1時間半くらいを予定している。
 希望者は、ハガキかFAX(011・642・8455)、電話、メール(school@jusei.or.jp)のいずれかで申し込みを。ハガキ、FAX、メールで申し込む場合は①見学希望日②見学者名③連絡が取れる電話番号、メールアドレスまたは住所を記入のこと。

基本データ

企業名:
公益社団法人北海道柔道整復師会附属 北海道柔道整復専門学校
住所:
札幌市中央区大通西18丁目
TEL:
011・642・0731
URL:
http://www.jusei.or.jp
教育:専門学校